リードファインリフトのデメリット4つのまとめ

お肌にハリがなくなってくると、女性は心にまで元気が少なくなってきてしまいます。男性にはわからないでしょうが、女性の心と肌は心理的ツナガリがあります。年齢が上がることで、素肌にはハリも弾力も消滅をしていきます。

お肌はプルプルとしているのは、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸が、たっぷりと存在してこそのことです。

でも年を取ると、誰でもこういった美容成分は、少なくなってしまうために、皮膚には若さが失われていきます。化粧品でのスキンケアでは、お肌の本当に表面上しかケアはできません。しかし美容クリニックでの、リードファインリフトの美容整形でしたら、お肌の真皮層に存在をする、コラーゲンの活性化に一役かってくれることになります。

自分のマッサージでは、コラーゲンをアップさせることはできないですが、それを可能とするのがリードファインリフトの美容治療の方法です。ただリードファインリフトのデメリットで言えば、マリオネットラインなどを、根本的には改善できないという点は否めません。

ri-dofainrifutonodemerit

下垂した皮膚組織を引き上げることはできない

顔に小じわが出てきてしまうと、思わず鏡を見てはため息が出てきてしまうほどです。自分の年齢が上がるほどに、素肌の年齢も上がって行きます。

年齢を重ねても肌年齢が若い人は、それなりの努力をしていますし、美容医療の力をプラスしていることもあります。美容クリニックを若返りに利用するのは、情報のない時代であったら、とても怖い印象があるでしょう。

しかし現代の情報社会では、美容クリニックをうまく利用をすることで、小じわの悩みは解消できます。そのひとつとして、細い糸を顔に注入をする、リードファインリフトの美容治療の手段があります。

挿入をする特性の糸の作用により、皮膚の内部は刺激をされますので、少なくなったコラーゲンは、増殖することができます。

内側から皮膚の若返りが可能であることは、小じわ解消にはぴったりです。リードファインリフトのデメリットは、下垂した皮膚組織を引き上げることはできないということです。お肌の引き締めだけに、効果があります。

リードファインリフト挿入位置が浅くたるみ・しわが解消しない、ハリ感が出ない

意外と知らない?デメリット:たるみが解消しないってどういうこと?リードファインリフトHow to。

経穴や筋肉、筋膜などに刺激を与えるとともに、皮膚の血流量と弾力の増加、組織の活発化とコラーゲンの生産促進がうまく働くように、針を使って皮膚の下に極細の特殊な糸を入れていきますが、アプローチする場所を間違うとたるみ・しわが解消しないことがあります。

浅い層にだけ糸を入れても筋肉が活性化せず、深く刻まれた法令線などにも影響が出にくいため、皮下組織のどの位置に入れるかが重要になります。

リードファインリフトの施術に失敗、効果が持続しない

リードファインリフトは東洋医学と西洋医学の融合による治療方法であるため、どちらの知識も有していてなおかつ術式に対する理解がある医師が行わないと、適切な場所に施術することができなくて効果が持続しないことがあります。

肌のたるみの状況に合わせて、入れる本数や角度が違ってきますが、経験が浅い医師だとマニュアル通りにしか対応できず個別差に対応できないことがあるため、経験が豊かな医師のもとで受けましょう。

医師の技術不足でリードファインリフトの施術がうまくいかずにリフトアップ効果が無い

顔のたるみポイントを把握して、真皮層のエラスチンやコラーゲン、繊維芽細胞がそれぞれ生産量が増えたり活発化しないと垂れ下がった皮膚や筋肉、脂肪などをきれいに引き上げることは難しくリフトアップ効果が無い場合があります。

部位により挿入角度や本数、網の目状に入れるなどの対応が必要で、解剖学に精通していないと正しい位置に入れることが難しくなります。経験が浅いと、どこの深さまで針が刺さっているか十分に把握できない場合があります。

名医によるリードファインリフトで、引き締まった肌を取り戻す

ダウンタイムが少ない術式で人気ですが、仕上がりは医師の腕にかかっていて、経験が不足した医師が行うとリスクが高まってしまいます。肌の状況を見ながら挿入位置を把握することができ、熟練した技を持った医師のもとで施術を受けることが成功につながります。術後すぐの変化と長期的な作用を期待するなら、医師選びをしましょう。

当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしておりますので、リードファインリフトで引き締めたい方はお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。