溶ける金の糸(レインボーリフト)の修正を行うところはどう選ぶ?

溶ける金の糸(レインボーリフト)は、直径0.1mmの24金の糸を、皮膚の下に格子状に埋め込むことで肌の若返りを促す治療法となります。糸にはナノ粒子がコーティングされており、そのために埋めこまれることで粒子が皮下で拡散をし、その後、細胞内の不純物を分解して栄養分のみを細胞内に取りく込むことになります。その結果新陳代謝が活発になり、肌につややハリが戻ると共に、美白やくすみ、毛穴などに効果を得ることができるようになります。また、純金ナノ粒子は10年ほどは皮下内に残るために、長期的な効果も期待することができるようになっています。
溶ける金の糸(レインボーリフト)による治療は、まぶたや鼻、唇を除いては顔全体が対象となります。広範囲に100本程度の糸を埋め込むことで効果が期待できることになり、ここでは、線ではなく綿に対しての施術法となっています。施術では、結果によっては修正が行なわれる場合がありますが、その場合には依頼をする医師の選択が重要になってきます。

溶ける金の糸(レインボーリフト)の修正

希望する効果が得られない場合には修正が必要

溶ける金の糸(レインボーリフト)は、肌の若返りを目的とした治療となります。理解が必要なのは、たるんだ皮膚を引き上げる治療ではないことがあり、たるみへの効果はほとんどないことものとなっています。治療によって肌のハリが増したり、小じわが改善したりといった肌質の効果が主になっており、そのために、例えば、ほうれい線やゴルゴラインなど、たるみが原因となって起こる症状が改善されることはありません。
溶ける金の糸(レインボーリフト)における修正は、事前に十分な説明を受けずに行い、希望する効果が得られない場合には修正が行なわれることになります。この場合、施術的には糸が出てしまっている場合や、術後におけるアレルギー反応、また、異物肉芽腫による慢性炎症が生じた場合にも対処がされることになります。これらの修正で、最も重要なものとして、依頼をする医師があります。必ず、実績のある医師に依頼をする必要があり、論文などの発表をしているなど、専門的にも高い知識を持つ医師による施術を受けることが大切なことになります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。