溶ける金の糸(レインボーリフト)のアフターケアでやること、やっちゃいけないこと

溶ける金の糸(レインボーリフト)は、純金のナノ粒子をコーティングした糸を顔に張り巡らせることによって、頬などをリフトアップさせることができる手術用の糸です。純金ナノ粒子は、細胞内の不純物を分解する効果が高く、栄養分のみを効率よく細胞に取り込むことに効果的であり、リフトアップ効果だけでなく、新陳代謝を効率的に行えるような肌作りをすることができます。溶ける金の糸(レインボーリフト)の手術をした後には、腫れが2,3日生じる場合があります。ごくまれに、内出血が1~2週間ほど出てしまう場合もあり、医師などの指導に従いながらアフターケアをする必要があります。腫れや内出血は、患部を冷やしたりすることによってケアをすることが可能です。内服薬なども処方してもらえる場合もあるため、症状を医師にしっかりと見てもらうことが重要になります。術後、顔を濡らさなければ洗髪やシャワーなどをすることが可能ですが、入浴などで体を温めることを控える必要があります。

溶ける金の糸(レインボーリフト)のアフターケア

アフターケアとして重要なこと

溶ける金の糸(レインボーリフト)のアフターケアとして重要なことは、術後に糸が皮膚としっかりとくっつくまでは、顔をなるべく動かないようにすることです。マッサージやエステなどは、3か月ほど控える必要があるため、注意する必要があります。術後数週間は、体温を上げることもなるべく控える必要があり、お風呂に入ることや、運動、喫煙などは控える必要があるため、注意が必要です。しかし、溶ける金の糸(レインボーリフト)を使った治療を行うことによって、糸の周りにコラーゲンが多数生成しやすくなるため、エステやマッサージのケアをしなくても、肌につややはり、潤いが生まれやすくなるため、美しい肌になりやすくなっています。また、金には殺菌と消炎効果があるため、洗顔をあまりしない状態であっても、ニキビなどの異常が出にくいという特徴もあり、肌を良い状態に保ちやすいため、アフターケアをあまり行わなくても、肌トラブルが生じにくくなっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。