Qスイッチ・ルビ―レーザーの修正で確認しておくべきポイントとは

Qスイッチ・ルビ―レーザーはシミやアザを治療するために用いられる医療器具のひとつです。従来は高価な装置でしたが、近年では一般の美容クリニックにも普及が進んでいます。ルビーレーザーの694ナノメートルという波長は、メラニン色素に極めて吸収されやすいという特徴があります。そのためシミやアザの部分に効果的にダメージを与え、熱によって破壊することができます。その一方で正常な皮膚には吸収されにくいので、周囲の肌を傷つけることが少ないというメリットがあります。Qスイッチ・ルビ―レーザーはホクロやソバカスやタトゥー除去など、色素性病変の修正に幅広く用いることができます。薄いシミなら1回で治療できますが、色素が濃い場合は数回にわたり照射を繰り返します。照射した部分は赤くなるので、テープや絆創膏で保護します。数日ほどでかさぶたができますが、無理に剥がしてはいけません。自然に剥がれればメイクもできるようになります。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの修正で確認しておくべきポイントとは

適切に修正することも可能

Qスイッチ・ルビ―レーザーは効果の高い治療法ですが、肝斑に対しては使用できません。かえって濃くなってしまう可能性があるので、別の治療法を用いる必要があります。シミの種類に詳しく、いろいろな治療法を知っている医師に診断を受けることが重要です。また照射後は紫外線に対して敏感になるため、UVケアをしっかりと行なう必要があります。かさぶたが取れた後のピンク色の状態のときは、特に気をつけなければなりません。
Qスイッチ・ルビ―レーザーは施術時に一定の痛みを感じます。輪ゴムで弾かれた程度の痛みと言われていますが、必要なら局所麻酔や冷却麻酔で緩和できます。ただし皮膚炎の方や過敏症の方などには使用できないケースもあるので、医師に相談してください。万一施術に失敗した場合、豊富な症例を経験しているクリニックなら、適切に修正することも可能です。アフターケアや保証の有無も含めて、施術前に確認しておくことが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。