プレミアムPRP皮膚再生療法の修正には何が必要?

美容治療の中でも、最先端医療が凝縮されているプレミアムPRP皮膚再生療法は、年齢肌トラブルを抱える女性たちが望む、アンチエイジング効果が非常に高い治療法で、患者自身の血液から抽出した血小板をもとに作られた注入液を、自身の肌に戻すことにより、若かりし日の肌の状態に甦らせるという画期的な治療法で、塞血症のリスクもなく非常に安全性の高い治療法として高く評価されています。しかしこのプレミアムPRP皮膚再生療法は、かなり高度なテクニックと、幅広い専門知識が必要な難しい治療でもあり、経験の浅い未熟な医師に行われると、注入部分が膨らみ過ぎて不自然になってしまうこともあります。このような場合には修正してもらわなければなりませんが、ヒアルロン酸注入と違って体内に短期間で吸収されるものでもなく、また溶解液もないため、一旦膨らみ過ぎたものを適度にへこませるのはさらに難しくなってしまいます。こういったトラブルを避ける為にも、多くの症例を手掛けた名医に担当してもらうことが重要です。

プレミアムPRP皮膚再生療法の修正

修正治療にはさらに高いスキルが求められる

プレミアムPRP皮膚再生療法が失敗してしまう多くの例は、注入しすぎによる膨らみ過ぎやしこりが大半を占めています。不自然に肌が盛り上がってしまうので、余計に気になってしまうという状況に陥っている方が多いので、修正治療が必要となりますが、この場合には副腎皮質ステロイド注射で溶かすといった方法がとられることが多いようです。しかし、このような修正治療には、さらに高いスキルが求められ、元の満足のできる状態に戻せるか否かは、診断してみない限りわからない部分もあるので、熟練した医師のセカンドオピニオンも受けたほうが賢明です。本来ならばプレミアムPRP皮膚再生療法は、ヒアルロン酸注入とは違って、効果の持続性も三年以上と長く、メンテナンスがあまり必要のない素晴らしい若返り治療ですが、注入液の配合比率や、注入する深さ、量などのさじ加減が、非常に難しい治療でもあるので、クリニック選びは間違えないように慎重に行うことが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。