プレミアムPRP皮膚再生療法のダウンタイムにやってはいけないこと

プレミアムPRP皮膚再生療法は自分の血液を採血し遠心分離器などを使いPRPを取出します。そのPRPを気になる部分に駐車していきます。自分の血液を使っているのでアレルギーの心配がなく、ダウンタイムはほとんど無くすぐにメイクをすることができます。
しかし、施術の時には注射の痛みはあります。注射の痛みは麻酔クリームなどを使えばほとんど痛みは感じません。麻酔が効いた状態になったところに、プレミアムPRP皮膚再生療法はPRPを少量ずつ気になる部分に何か所も注射器で注入していくので内出血が起きる場合や腫れる人もいます。内出血は1週間程度で消えることがほとんどです。
腫れる部位にもよりますが、1日から3日程度、長くても2週間ほどで落ち着くことがほとんどです。
施術当日はシャワーと洗顔、メイクは大丈夫ですが、激しい運動や飲酒、サウナは控えましょう。
ダウンタイムがある間も激しい運動は控えましょう。そして飲酒、サウナなども控えましょう。

プレミアムPRP皮膚再生療法のダウンタイム

ほとんどダウンタイムはない

プレミアムPRP皮膚再生療法は従来のPRP療法では効果が出にくかった深いしわや溝なども治療が可能になりました。
注入後に膨らみすぎてしまう、しこりができてしまう、効果が見られないなど課題だったリスクを解消し効果が出やすいプレミアムPRP皮膚再生療法はほとんどダウンタイムはなく、施術をしてすぐにメイクをすることができます。自分の血液を採取して遠心分離器にかけPRPを取出して注射するのですが、麻酔クリームが効いた状態で注射をすれば痛みはありません。
気になる部分に少量ずつ注射をするので、内出血や腫れが出る場合がります。
施術した当日は、入浴や激しい運動、サウナなどは避けてください。
シャワー、洗顔、メイクは当日からできます。
ダウンタイムはほとんどない施術ですが、腫れや内出血が落ち着くまでは激しい運動やサウナ、飲酒は避けるようにしましょう。
気になるからと触りすぎることもやめましょう。
不安がある場合には、担当した医師に相談しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。