プレミアムPRP皮膚再生療法のデメリットに関して知っていますか?

プレミアムPRP皮膚再生療法は、従来のPRP皮膚再生療法と比べると血小板の濃縮率や、効果があらわれるまでの期間、白血球の量などが更に改善され、安心して施術にのぞむことができるアンチエイジング方法です。具体的には、自分自身の血小板を利用して注射を行います。成長因子が組織を再生させて若返りにはたらきかけていきます。プレミアムPRP皮膚再生療法は最長で3年以上の持続効果があり、自分が気になる部位にはたらきかけることができます。注入をする部位や注入する量など、高い技術が必要とされる施術のため、腕の良い医師が施術を行わなかった場合、注入した部位にしこりができたり、皮膚がふくらみすぎたりというデメリットが生じてしまいます。プレミアムPRP皮膚再生療法の施術を受ける際には、症例数が多く、経験豊かな医師に施術を行ってもらうことをおすすめします。年齢を重ねた方にも高い効果があり、目元のしわやほうれい線の改善にも期待がもてます。

プレミアムPRP皮膚再生療法のデメリット

他の施術を受けることになるデメリット

プレミアムPRP皮膚再生療法で若返りが期待できる部位は、おでこ、眉間、目の下、ほうれい線、頬、インディアンライン、マリオネットライン、首、といった顔まわりの他、手の甲にも使用することができます。年齢がでやすく、メイクなどでケアができない手の甲にも注入することができるため、人気が高まっています。プレミアムPRP皮膚再生療法の施術を受けに行った際に別の施術を勧められる場合も症状によってある可能性がありますが、全くプレミアムPRP皮膚再生療法の症例数がない、極端に少ないという場合には、注意が必要です。本来施術が受けられる状態にも関わらず、他の施術を受けることになるデメリットが生じてしまう可能性があります。クリニック選びは慎重に行いましょう。しわの深さや皮膚の厚み、年齢などを加味して施術を行うところで受けることをおすすめします。痛みや内出血、腫れを軽減する極細針を使用しているところは痛みも少ないのでおすすめです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。