オーロラのダウンタイムの過ごし方、注意すべきポイントは?

オーロラのダウンタイムには、内出血を伴うようなことはありません。肌が赤く腫れたりする心配も皆無です。施術の時に産毛のあるパーツは、少しだけ痛みを感じやすくはなりますが、それ以外は涙が出るような痛みなどもない治療方法です。ダウンタイムの過ごし方としては、お肌への水分補給をたっぷりとしてあげることです。注意点としては、お肌への過度な摩擦等、刺激を与えて負担をかけないことでしょう。オーロラは熱エネルギーをお肌へと照射して、皮膚細胞の活性化をさせる方法です。皮膚の細胞が元気に活躍をしますので、古くなった皮膚ははがれやすくなって、新しい細胞は誕生しやすくなります。そのサイクルを順調にするためにも、皮膚にはたっぷりの水分が必要になってきます。皮膚への水分補給は、手持ちのスキンケアローションを使って補給しましょう。肌がしっとりしてきたら、手持ちの乳液で水分が逃げていかないように、蓋をするお手入れもします。

オーロラのダウンタイム

ダウンタイムの過ごし方

皮膚の内出血をしたり、肌が腫れることもないのが、オーロラのソフトな治療方法です。光の照射をする時には、ほんの少しだけ痛みを感じることはあっても、それは緩やかなものです。ダウンタイムの過ごし方として、注意をしたいのが、照射をしたパーツを紫外線で焼かないことです。日焼けをすることは肌の老化を招くことになりますが、オーロラの光照射を受けたあとはとても弱くなっているので、いつもよりその影響を受けやすくなります。やってはいけないのは、光の施術を受けたパーツを、そのまま無防備に太陽の下にさらすことです。太陽光の紫外線は、全く容赦はしませんので、いつもよりも皮膚は焼けますし、色素沈着をお越しやすくもなります。せっかく美肌と美白効果も期待して治療を受けたのに、逆にシミの多い素肌にしてしまうことになります。オーロラの治療をしたあとのダウンタイムは、スキンケアと同じくらい、日焼けをしないことへの対策にも力を入れていきましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。