ミラクルリフトのアフターケアの重要性って?

ミラクルリフトは、メスをほとんど使わないで顔のたるみやしわを取り除くことができる方法です。こめかみを微小切開することだけで治療を行い、ほとんど見えないような傷跡を付けるだけで手術が可能になっていて、ダウンタイムが非常に短いことが魅力的な特徴になっています。糸が体内で変質する心配がないことがFDA(アメリカ食品医薬局)にも認められていて、糸が原因で不具合がほとんど出ることがありません。そのため、ミラクルリフトのアフターケアは、医師などが専門的にかかわるような処置がほとんど必要なく、医師に経過を見てもらうだけで大丈夫なため、素人でも管理をしやすく、安心して治療を行うことが可能になっています。仕事などに影響を与えることが非常に少ないため、土日などの休日だけで治療することもでき、治療しやすいです。通院を繰り返す必要がないクリニックも多数あり、遠方から名医に治療をしてもらいやすい治療法であるため、非常に人気が高まっています。

ミラクルリフトのアフターケア

30分~1時間ほどで治療終了

ミラクルリフトは、30分~1時間ほどで治療を終えることができます。局所麻酔か静脈麻酔で治療を行うことが多く、治療中に痛みを感じることがほとんどなく、不快感を感じることが少ないです。大幅に顔を変化させるような治療ではないため、他の手術よりも顔に違和感を感じにくいとされていて、違和感なく日常を過ごすことができます。周りの人にもわかりにくいような自然な仕上がりを期待することができるため、いろいろな人が手術を受けています。ミラクルリフトの手術を行った当日は、入浴や運動を避ける必要があります。洗顔・メイクは傷口を濡らさないようにして、2日後から行う必要があります。手術直後から、多少生じることもありますが、徐々に引いていくため、安心できます。治療を行った場所のマッサージなどのアフターケアは、1か月は控える必要があり、定期的にエステなどに通っている人は、注意する必要があります。1か月以上たつと、糸が定着してきて、ほとんどケアする必要がないため、安心できます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。