ミッドフェイスリフトのダウンタイムに関して

顔面中部の若返りの美容整形が、ミッドフェイスリフトによる若返りの方法です。ダウンタイムには、肌の腫れを生じることとなり、それは2週間ほどを目安とします。早い人でしたら3日ほどの期間ということもありますが、多くの場合はもう少しかかるのを頭に入れておくことです。それに伴い、痛みも感じるととともに、内出血も出ることがあります。それは手術の技術力にも関連をしてくることではありますが、手術の時にたくさんの細かい血管がありますので、そこが傷ついてしまったら、内側での出血は起こりやすくなります。厄介なのは、内部の出血は肌の表面にもわかりますし、それは色が変わりますので、目立ちやすいということです。出血が起きたら、肌の表面からは紫色の肌に見えます。ミッドフェイスリフトをしたら、全員がひどい内部の出血を伴うわけではありませんが、そうなってしまうと目立ちやすくなります。紫色の状態は徐々に色がわかって、治まる前には黄色い状態に変わります。目の周りなので、カバーをするのは大変ですが、それでも2週間も経過をすれば、ゆっくりと状態は治まってきますので、時間が解決をしてくれます。

ミッドフェイスリフトのダウンタイム

ダウンタイムは2週間前後

ミッドフェイスリフトの美容整形の手術を受けて、ダウンタイムで辛いのは、痛みもですが長く続きやすい腫れの症状です。 それは単に腫れているだけではなく、感染症にかかってしまったり、内出血を起こしてしまった時に、症状は長引いてしまうからです。目元には色々と影響が出やすくて、白目の部分が腫れてしまうことがあります。目の白目は膜が覆っていますが、それがまるで税ーみたいに膨らんでしまうことがあります。とても驚くと思いますが、普通でしたらおよそ2週間もすると、やがては治まります。しかし長引いてしまうと、2ヶ月や3ヶ月間も続くことさえありますので、目元には不衛生な手では絶対に触れないことも必要となります。ミッドフェイスリフトを受けてからは、気になっても、手では触らないように意識をすることです内出血は白目のところにまで出ることがありますが、これも1週間から2週間もすれば、やがて引いていきます。外出の時にはサングラスなどで、目元はカバーして過ごすといいでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。