マイクロCRF(コンデンスリッチファット)の修正を行う方法とは

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)とは、年齢とともにできる頬やこめかみのくぼみや、ほうれい線や口元のシワなどに特に効果的な施術です。自分自身の気になる部分から採取した10%程しか取れない健全な脂肪と脂肪肝細胞のみを、くぼみやほうれい線やシワの気になる部分に注入することによって、肌を若々しく甦らせるという治療法です。マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は生着率が90%と高く、注入して定着した脂肪は、体内へと吸収されることなく半永久的に持続するのが大きな特徴です。そして、注入する脂肪も100%無添加ですし、大量の成長因子と幹細胞が周辺組織を活性化してくれるのです。そのため、肌をハリと弾力とツヤのある若々しい状態に甦らせ、自然な仕上がりにしてくれるのです。このようなメリットのある施術ですが、失敗してしまうこともあります。もし失敗した場合は、どのように修正が行われるべきなのでしょうか。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)の修正

もし失敗しても修正は容易

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、自分の脂肪を採取して不純物を確実に除去し、元気な脂肪細胞と脂肪肝細胞だけを濃縮して注入させることで、くぼみやほうれい線やシワを改善する治療法です。体内に吸収されないため、半永久的な効果が期待できるのですが、もし施術に失敗したら、この点が問題になります。というのも、時間の経過と共に自然と吸収されていく施術なら、もし失敗しても修正は容易ですが、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は体内に吸収されずに、そのままの状態で半永久的に効果が続くことになるからです。マイクロCRF(コンデンスリッチファット)には、例えば、注入した脂肪が定着せずにボコボコになったり、左右非対称になってしまったり、脂肪を注入し過ぎてしまったりという失敗が見られますが、吸収されないため修正がかなり難しいのです。そこで、この治療法で重要なのは失敗を避けることです。そのためにも、手術経験が多くて高い技術力を持っている名医を選択しなければなりません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。