マイクロCRF(コンデンスリッチファット)のリスクを考えておこう

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)とは、脂肪注入法の一つで混んで吸う立地ファットによる採取した脂肪細胞をほうれい線やしわなどに注入していく方法です。

従来の脂肪注入法において、採取した脂肪が壊死したりしこりの原因となったり石灰化するなど生着率の低さが難点でしたが、コンデンスリッチファットは自身の体から抽出した細胞の不純物を取り除き濃縮処理を行うことで生着率を90%にも高めることに成功しています。

この方法によってマイクロCRF(コンデンスリッチファット)を行うことで、より自然な仕上がりにすることが可能となりました。

ただ、石灰化やしこりが起こるリスクは非常に軽減されたとはいえ、絶対に出ないわけではありません。
メリットがあるということは当然デメリットやリスクも存在するものです。

リスクについて知らないで施術を受けるよりもあらかじめ把握しておくことで万が一何か起こっても慌てないで対処することができますので、知っておくことをおすすめします。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)のリスク

リスクも存在するのが美容医療

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、ゴルゴライン、しわやほうれい線以外にも鼻やほほ、あごなどのフェイスラインを整えるのにも効果的です。

脂肪注入法におけるしこりや石灰化などのリスクを大幅に軽減したことにより高い生着率を期待することができます。

このように生着率が高く仕上がりが自然になることが期待できる一方でリスクも存在するのが美容医療です。
マイクロCRF(コンデンスリッチファット)で考えられるリスクは、注入する脂肪がヒアルロン酸のように体内に吸収されるわけではなくまた分解酵素もないので、もし注入が失敗したり不自然な形になったとしても修正するのが難しいということです。

また、費用においても高額になることがあります。

一部位につき30万前後が料金相場ですが、顔全体に注入を行う場合には総額で100万ほどかかることもありますので、施術を受ける際にはじっくり考えた上受けるようにするのが望ましいでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。