マイクロCRF(コンデンスリッチファット)のメリットはなに?

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、自分の細胞を脂肪吸引によって採取して、それをしわやほうれい線、ゴルゴラインなどに注入して改善していく方法でコンデンスリッチファットとマイクロCRFを合わせた方法です。

コンデンスリッチファットは、脂肪を採取する方法においてなるべく不純物を除去して濃縮処理をすることで以前の方法では40%前後の生着率だったのに対し、90%も高い生着率にすることが可能になりました。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、一度注入してしまうとヒアルロン酸のように体内に吸収されることがなくそのまま定着してしまいますので、施術を行う際には医師としっかりとカウンセリングを行った上で注入していく部位や形などを決めていくのが良いでしょう。

では、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)におけるメリットとはどんなことなのでしょうか。
費用やダウンタイムなどについても同時に把握しておくと便利ですのでこの機会に知っておくのはいかがでしょうか。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)のメリット

自分の細胞を注入するため安心度が高い

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)におけるメリットは、自分の細胞を注入するので異物を体内に入れるわけでないため安心度が高いということです。

また、従来の脂肪採取の方法の場合、脂肪が壊死したり石灰化を起こしたりしこりの原因となるため生着率が悪いのがデメリットでしたが、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)は、脂肪を採取するときに不純物の極力取り除いて濃縮処理を行うことで生着率が高くなったとされています。

ヒアルロン酸の注入などと比べて体内に吸収されることがないので持続効果が長いことも特徴です。

しわやほうれい線、ゴルゴラインの改善だけでなく頬や顎、フェイスラインを整えるのにも自然な仕上がりにすることが可能です。

加えて、注入するだけなのでダウンタイムが1週間程度と短いことも利点ですが、脂肪を採取した部位は2週間ほど腫れることもあるので激しい運動や喫煙などは控えるようにしましょう。

費用については一部位につき30万前後で、顔にトータル的に注入するとなると100万ほどかかることもありますので予算は多めに考えた方が良いでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。