目の上のくぼみの美容整形の意外なデメリットって?

日本人の場合は目の上の部分である、まぶたが腫れぼったく見える傾向が強くあります。眠たそうに見えたり、ぱっちりとした目元に見られないなどの悩みの元になりますが、これとは違って目の上のくぼみが目立ってしまい、気にする人も割と多く見られます。
脂肪や筋肉が低下しがちな年配者によく見られる現象です。これを治すためには、目の上のくぼみの美容整形を受けるのが手っ取り早くて簡単です。
目の上のくぼみの美容整形では、メスを使わずに行える方法がいくつか存在します。どれも簡単な方法ですので、リスクが少なく、お手軽に利用できるメリットを持っています。
しかし、お手軽である分だけ、デメリットがあるのも事実です。簡単に目の上の部分に膨らみを作り出すことができるものの、持続期間にやや難があるのが、デメリットとして指摘されています。
特殊な成分などを注入器を使って上まぶたの部分に入れるのが基本ですが、この成分が時間の経過とともに効果が弱まってしまうことがよくあります。

目の上のくぼみの美容整形の意外なデメリットって?

3種類の施術法

目の上のくぼみの美容整形で具体的に利用されている施術方法として、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、PRP皮膚再生療法の3種類がよく見かけられます。
この3つの目の上のくぼみの美容整形のうち、最も料金が安いのがヒアルロン酸注入です。化粧品でも普通に使われている、安全性が極めて高い、使いやすい成分になります。美容整形の分野では、ハリやたるみを取る、豊胸施術などにもよく利用されています。
しかし、ヒアルロン酸注入の最大のデメリットは、持続期間があまりにも短いことです。早い人であれば半年程度で効果が薄れてしまうことがあります。何度か利用を続ければ持続期間を延ばすことができる場合がありますが、あくまでも一時的な効果でしかないことを忘れないで下さい。
脂肪注入は50%程が定着しますが、これも半永久的な効果が得られません。PRP皮膚再生療法は高品質な施術を受けられるものの、これも万能ではなく、おおよそ3年を超える効果が得られるだけにとどまります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。