受ける前に知っておこう!目の下のしわの美容整形のリスク

目の下のしわの美容整形としてボトックスは、とても有効性のある手段です。目のしたのしわの美容整形で、しわとりには人気がるもので、ボツリヌストキシンの麻痺作用が効果が出すぎてしまうと、それがリスクとなってきます。ボトックス注射の注入をして、しわのみに働きかけてくれるといいのですが、ボツリヌストキシンの麻痺をさせる効果が働きすぎてしまうことで、近い場所の筋力低下が起こることがあります。これは局所顔面神経麻痺の作用になりますので、目の下のしわが伸びたように感じても、目元の表情が自然にはつくりにくくなってしまいます。笑った顔は、いかにも作り笑いに見えますので、自然なスマイルができないことも考えられます。目の下のしわの美容整形で、注入によって近辺の筋力にまで大きく栄養をすれば、眉毛やまぶたまで垂れ下がってしまったり、まぶたが下がって視野が狭くなるなど、思いがけず不便なことになるリスクとも隣り合わせであることを知っておきましょう。

受ける前に知っておこう!目の下のしわの美容整形のリスク

心配なリスクにつて

目の下のしわの美容整形のリスクとして、ヒアルロン酸を選択した場合に、目の下の注入をした箇所が、やけに目立つ可能性があります。目の下のしわの美容整形でヒアルロン酸を注入をするのは、人間持つ成分であるため問題は無く、アレルギーを起こす心配もありません。成分的にはノープロブレムですが、注入をするパーツの皮膚が、非常に薄いのです。そのため注入部位の浅いことから、そこへのヒアルロン酸注入量が多すぎると、仕上がりが目立つことになります。顔の表情が動いた時に、入れたヒアルロン酸が不自然に動いたりして、それが皮膚の表見から動きが見えることもあります。これは目の下に入れた、ヒアルロン酸の量が多すぎたり、ドクターの技術が低い時に起こりうることです。数ヶ月してヒアルロン酸が、体内に自然に吸収されていることで、目立っていた状態は解消されますが、それまでは分解をする注射をしない限り、おかしな目の下のふくらみに悩みます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。