目の下のしわの美容整形のアフターケアで押さえておきたいポイント

目の下のしわの美容整形のアフターケアで押さえておきたいポイントとして、ボトックス注射の施術後は、あまり患部には触れないようにしましょう。目の下のしわの美容整形でボトックス注射をすると、注射針のあとが少しの間は残ることがあります。小さな傷ではありますが、むやみに触って雑菌が侵入をしてはいけませんので、洗顔などで生活にしたら、不潔な手では触らないことです。針での注入ですので、場合によっては出血をすることがあります。内出血は1週間もすると治まりますので、患部はさわらないことです。内出血はだんだん黄色っぽくなって治りますので、それまではメイクで内出血は隠すようにするといいです。注入をしたあとは、力を入れて患部を擦らないようにしましょう。完全に注射をした部位が回復をするまでは、強い摩擦は与えないことも大事ですので、洗顔も優しい洗い方をするといいです。あまり腫れることがないのはボトックスではありますが、内出血や腫れがあって熱ぽいと思ったら、患部を冷やしてあげてもいいでしょう。

目の下のしわの美容整形のアフターケアで押さえておきたいポイント

アフターケアは何をすればいい?

目の下のしわの美容整形のアフターケアで、もしもヒアルロン酸注入でしわのケアをした場合は、目の下の保湿をいつもより重点的にしましょう。目の下のしわの美容整形で、へこんだところにヒアルロン酸を入れることで、ふっくらとした、しわのない目元にすることができます。その状態を良いままに維持するには、施術後のケアをしっかりとするといいです。ヒアルロン酸は人間が本来持つ成分であり、目元のデリケートな皮膚のパーツでも、成分として不安なく注入ができるものです。治療のために注入をしたヒアルロン酸は、約半年間ほどはもつものであり、状態を良いままに保持するのは、外からのスキンケアをすることも大事です。ヒアルロン酸を入れたことで安心しきって、目元の保湿を怠ると、皮膚は感想をしますので、しわが出来やすくなります。目元のハリと弾力を維持するためにも、アフターケアでは目の下への保湿のスキンケアを、毎日しっかりとやっていきましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。