気になる目の下のしわの美容整形のダウンタイム

気になる目の下のしわの美容整形として、表情筋の筋肉へと作用をするボトックスの場合、注入をする時には痛みがあります。目の下のしわの美容整形での注入治療は針を皮膚にさしますので、その痛いのを少なくするために、通常よりも細い針を使うこともできます。注入の痛みは少なくなりますし、腫れも比較的起きにくくなります。ボトックスを打つときには、皮膚を冷たく冷やすか、笑気麻酔を使うことで、大幅に注入時の痛みが少なくなります。ダウンタイムでは、数日は内出血があるケースも考えられます。火照りなどを感じるようであれば、自宅で保冷剤等を用意しておいて、患部を冷やすことです。内出血があるときは特に、患部を手で触らないことも大事です。会社へ行く時や外出時には、ファンデーションなどを塗ることで、内出血も注射針の跡も隠すことができます。お休みの日であれば、メイクはしないで、お肌には紫外線対策でUVケアだけはして過ごしたほうが、肌への負担にはならなくて済みます。

気になる目の下のしわの美容整形のダウンタイム

ダウンタイム期間にしておきたいこと

気になる目の下のしわの美容整形を、医療機器のレーザー治療で行った場合は、内出血はないものの、レーザーは強めの痛みはあります。目の下のしわの美容整形でのレーザー治療は、気になる目の下のしわのある皮膚を、深い部分から入れ替えてしまうパワーを持つレーザーでの治療は、術後に腫れを感じて、熱があるような感覚にもなります。 レーザーでの治療を受けてからのダウンタイムは、しわを解消して、若い目の下の皮膚を手に入れるためにも、2つのことをしっかり守る必要がります。ひとつは日焼けをしないことと、もう一つが目の下の皮膚を乾燥させないことです。レーザーで皮膚を入れ替えますので、完全に皮膚が新しくなって回復をする間は、著しく皮膚は弱くなります。その弱った状態に紫外線が降り注ぐと、赤ちゃんみたいな肌は簡単に日焼けして、シミまで作ることになります。レーザーで激しく乾燥をしているので、乾燥を満たす保湿をすることも重要な作業になります。かさぶたになって、それが剥がれて綺麗な肌が出てきます。そのサイクルをよくするためにも、目の下の素肌にもスキンケアをしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。