目の下のしわの美容整形のデメリットが怖すぎる

目の下のしわの美容整形のデメリットとして、すぐに悩み解消できるのが、ヒアルロン酸を注射で入れることです。簡単な治療法として認識されているかもしれませんが、目元のパーツに入れるのは、高度なドクターの技術力が必要になってきます。目の下のしわの美容整形として、ヒアルロン酸を注入することで、自然な盛り上がりでしわを目立たなくすることを目的としています。しかし非常に薄い皮膚のパーツであるために、上手に注入ができないと、目の下の皮膚は注入をしたヒアルロン酸で、見るも無残な凸凹とした状態になることがあります。ですから目の下の皮膚に、ヒアルロン酸を注入するのは難しいと言われています。それでも上手なドクターが、全体のバランスを見ながら丁寧に注入をすると、素晴らしく美しい仕上がりにもなりますので、まさに紙一重とも言えます。ヒアルロン酸を入れた場合、翌日と数日感は馴染むまで、目の下に異物の違和感を感じやすく、下を向くとヒアルロン酸の違和感を感じることがあるのもデメリットです。
目の下のしわの美容整形のデメリットが怖すぎる

デメリットのことを覚えておこう

目の下のしわの美容整形のデメリットとして、ボトックスをしわに注入した場合にありがちなのが、目元の自然な動きが奪われるということです。目の下のしわの美容整形では、今の時代はボトックスがメインですが、そもそも筋肉の動きを止める作用がありますので、そのリスクはあるものの、すべての筋肉が動かなくなるものではありません。ボトックス注射はドクターの経験と技術力が響きますので、普段から注入系の治療を行っているドクターのいる病院を選びべきでしょう。適切な場所に適切な量のボトックスを注射しないと、施術後には不自然な表情になるリスクはあります。目尻のしわ治療に適したボトックスの注入量は、その人のしわのレベルによって異なります。その判断をするのが、担当をするドクターです。不自然な表情の間ますgすことになるのは、最大のデメリットです。通常は3ヶ月から4ヶ月ほど効果は持続をして、そこから数週間もすれば効果は消えていくのも特徴です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。