目の下のくぼみの美容整形のダウンタイム。痛みや腫れは?

目の下のくぼみの美容整形は沢山の方法がある事で知られています。まずはメスを使わずにヒアルロン酸を注入する方法、そして自分の血液を利用した再生医療による治療方法。また、くぼみやたるみなどを解消するために目の裏から炭酸ガスレーザーを照射する経結膜脱脂法、自分の脂肪やコラーゲンを注入する方法等も有効です。他にも下瞼ぎりぎりを切開し皮膚や筋肉を剥離して余っている皮膚などを取り除き縫合しフラットな目元を作る方法やいらない脂肪を取り除いて縫合するハムラ法なども従来の施術として知られています。このように目の下のくぼみの美容整形は多くの方法がありますが、メスを使わない方法は施術時間も短く(10分~60分ほど)、痛みや腫れ、内出血も少ないのでダウンタイムに関しても1週間前後とすぐに日常生活を送る事が出来人気があります。しかし、自分の血液を利用した再生医療の場合は肌の内部からゆっくりと皮膚の再生を図るため効果が出るまでには完成するまでに1か月~2か月ほどと多少時間がかかりますが、アレルギーの心配もなく安全なのが特徴です。

目の下のくぼみの美容整形のダウンタイム。痛みや腫れは?

ダウンタイムは短め!

目の下のくぼみは老け顔の代表的な要因の1つとして挙げられ、目の下のくぼみを解消するだけで5歳以上は見た目が若返るという事で目の下のくぼみの美容整形はどの世代にも人気がある施術です。しかも、最近ではメスを使わずにくぼみを解消することが出来る美容整形が沢山あり、中でも気軽に出来るヒアルロン酸注入や自分の血液を利用した再生治療、自分の脂肪やコラーゲンを注射器で採取して濃縮したものを注入する方法はメスを使わないので痛みや腫れ、内出血も少なく、ダウンタイムも1週間前後と短い為人気があります。ただし、自分の血液を利用した再生療法に関しては完成するまでに一か月~2か月とゆっくりと時間をかけて行う目の下のくぼみの美容整形ですので時間はかかるのですが、メリットとしては自分の脂肪を注入する方法と同様に自分の血液を利用しているためアレルギー反応(異物反応)も起こりにくく見た目の違和感も出ず自然な仕上がりが期待できます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。