目の下のくぼみの美容整形のデメリットは何?

目の下のくぼみを解消すれば、疲れた印象や病的な雰囲気がなくなり、若々しさを取り戻すことができます。基本的に注入法を用いますので、メスを使わず身体に負担が少ないため大変おすすめです。良いこと尽くめのようですが、デメリットはないのでしょうか。
目の下のくぼみの美容整形では自然な仕上がりにするためにも少量の注入が適しています。深すぎるくぼみの解消は大変難しいとされています。効果を高めようと多く注入しすぎると不自然に膨らみすぎたり、凸凹が出来てしまうことがありますので注意が必要です。術後数日は特に強くこすったり刺激を与えると注入物が移動してしまう恐れがあるので気を付けましょう。睡眠時に無意識に触らないようにする工夫が大切です。
目の下のくぼみの美容整形基本的には安全でトラブルは少ないのですが、針が細い血管にあたり内出血が生じ、長引くことがあります。また体質によっては腫れが出る場合もありますので、腫れがあるうちは出来るだけ安静を心がけましょう。いずれの注入法でもしこりが出来るリスクがありますが、繰り返し行うと更にリスクが高まります。しこりになった場合、薬剤で溶かすか、切開して取り除くことになります。
目の下のくぼみの美容整形のデメリットは何?

リスク・デメリットについて

目の下のくぼみの美容整形で使用されるのは主にヒアルロン酸注入、脂肪注入、PRP皮膚再生医療です。それぞれのリスクやデメリットについてみていきましょう。
ヒアルロン酸は手軽な分、徐々に体に吸収されるため効果が長続きしません。効果が薄れたらその都度注入しなくてはなりません。脂肪注入は自分の脂肪を少量採取して使用しますが、生着率に個人差があり、生着しなかった脂肪は身体に吸収されてなくなりますので、人によっては効果が得られないことがあります。PRPは自分の血液を利用する方法で、コラーゲンや筋肉を再生し若返り効果を得るもので、ヒアルロン酸注入よりも長期間効果が続くのが特徴です。以前はハリが出過ぎるといったこともありましたが、技術が上がり改善されていきています。炎症が起きて腫れが生じることがありますのでお薬で抑えます。
目の下のくぼみの美容整形を行う際は以上のリスクを踏まえた上で、不安があったらカウンセリングの際に遠慮せずに医師に相談、アドバイスを受けましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。