コラーゲン注入のアフターケアってどんなことするの?

コラーゲン注入のアフターケアでは、注入後に赤いや腫れが出ることもあります。そのため、腫れているようであれば、自宅でも保冷剤等を使って患部を冷やすようにしましょう。直接肌に押し当てるよりも、清潔なハンドタオルなどで包んで、ワンクッションあってのクールダウンの方が、お肌にも優しいケアになります。少し内出血があったとしても、数日もすれば自然に消えていきますので心配はいりません。コラーゲン注入はとても簡単な治療方法ですので、美容クリニックで注入の治療を受けたら、当日からお化粧ができますし洗顔も出来てシャワーも可能です。人の線維芽細胞からつくられている、ヒト由来のコラーゲンですので、注入をするにしても優しいものです。コラーゲンは人間のお肌に、本来あるものです。潤いやハリを保持するためのタンパク質の一種であり、注入をすることで、お肌のたるみやシワも目立ちにくくなります。年齢の出やすい目元の小じわや、口周りの小じわにもぴったりです。

コラーゲン注入のアフターケア

失敗例は注入する場所や量によって引き起こされます

コラーゲン注入のアフターケアでは、良い状態を長くキープするためにも、素肌への保湿をするように意識しましょう。若々しい素肌は、なんといっても潤いが決め手になります。人間の身体のあらゆる場所に、コラーゲンというのは存在をしています。コラーゲンのあるおかげで、細胞同士は上手に結合することができますので、欠かせない存在です。骨や皮膚にたとても多く存在しており、コラーゲンは身体の中の30%を占めている成分でもあります。その中でも最も多いのは、70%ものコラーゲンを含む皮膚の真皮層です。たっぷりのコラーゲンが存在をすることでお肌には、若い弾力をキープすることができます。人生の中で最も多くコラーゲンをもつのは、赤ちゃんの時代です。年齢を重ねていくことや、太陽の紫外線に浴びてしまうことで、コラーゲンの新陳代謝は低下をします。弾力性や柔軟性を少しずつ失いますので、お肌にはシワが出現をします。生命維持にも必要なコラーゲンは、美しい肌においても有効な成分であり、必要なものでもあります。コラーゲン注入によって、肌には若い弾力を出すことができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。