知らないとひどいことに!?金の糸の失敗とは

金の糸は、皮膚に純金で出来た糸を埋め込むことで肌質改善を図る施術です。古代エジプトの時代から金は美容効果が高いものとされてきました。純金の髪の毛ほどの細さの糸を、顔や首のたるみやシワやシミなどが気になる部分に網目状に埋め込みます。その糸は周囲の組織を傷つけることで創傷治癒作用と、異物を排除しようとする免疫反応を引き出し、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成を促進させます。その結果、肌のターンオーバーが整うため、たるみやシワやシミなどの様々な肌トラブルが改善されるのです。メスを入れることなく肌を若返らせることが出来るので、施術による副作用やダウンタイムが少なくて済むというメリットもあります。しかも、その効果は半永久的です。金の糸にはこのような美肌効果があるので、年齢による肌のたるみやシワが気になる方や、シミやニキビ跡による色素沈着などが気になる方にもおすすめです。しかし、施術を受ける前に、どんな失敗が存在するのかをきちんと把握しておく必要があります。

kinnoitonoshippai

場合によっては皮膚の大規模な切開による摘出が必要

金の糸は、純金の細い糸を皮膚に埋め込むことで、コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンの生成を促進させて、たるみやシワやシミなどを改善する施術です。メスを使わない分、身体への負担も副作用の心配も少なくて済むのですが、時には失敗するケースもあります。例えば、アレルギーのある方は、アレルギー反応が出ることがあるのでステロイド剤で解消しますが、場合によっては、皮膚の大規模な切開による摘出が必要になることもあります。また、糸に伸縮性が無いため、肌の表面に凹凸が出来たりつっぱってしまったりすることもありますし、皮膚の薄い方や色が白い方は糸が透けてしまうこともあります。そして、金の糸は徐々に効果が現れる施術ですが、効果の表れ方に個人差があるため、効果が現れやすい方と現れにくい方がいます。そのため時、何年たってもほとんど効果が感じられないという方もいます。金の糸にはこのような失敗も存在するので、施術を受ける際は、確かな腕を持った信頼できる医師をさがす必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。