金の糸のデメリットには何がある?

金の糸は、毛髪程の細さの純度の高い金で作られた糸を埋め込むことで肌を美しく甦らせる施術です。顔や首などのたるみやシワが特に出やすくて、年齢による衰えが感じられやすい部分に埋め込むことで、肌に若々しさと美しさを取り戻していきます。純度99.99%の金で作られた糸を表皮下の真皮層に格子状に埋め込むことで、皮膚が傷を治そうとしたり異物を外に排除しようとすることによって、免疫細胞や繊維芽細胞が刺激された結果、ヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンの生成を促すことになります。それによって、たるみやシワが改善されて肌にハリが出てきますし、新陳代謝が活発になったことで、シミやニキビ跡も改善されていきます。金の糸は、10~15歳も肌を若返らせる効果がありますし、このような効果を半永久的に持続させることが出来る施術なのです。しかし、それと同時に、いくつかのデメリットも存在しています。では、そのデメリットとは具体的にどんなものでしょうか。

金の糸のデメリット

効果が出始めるまである程度時間はかかります

金の糸には、いくつかデメリットが存在していますが、まず1つ目は、まれに施術後に糸の端が肌の表面に出てくることがあります。しかしこれは、施術を受けたクリニックに相談すると、爪切りのような器具で糸の端をカットして消毒をしてもらえるので、あまり大きな問題ではありません。2つ目は、効果が出るまで時間がかかるということです。身体の自然治癒力を利用した施術なので、効果が出始めるまである程度時間はかかります。早い人で1ヶ月程で、通常でも2~3ヶ月程はかかってしまいます。3つ目は、金の糸を埋め込むので、糸が切れてしまったり、顔の表面が凸凹になってしまうというデメリットもあります。そして4つ目は、日本では症例数が少ないということです。海外と比べると日本はまだ症例数が少なく、日本美容医療協会も正式な治療法としては薦めていません。そのため、重要なのは、手術経験が多くて専門知識も豊富で信頼できる医師をさがすことです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。