金の糸のアフターケアって大切?

金の糸は美容業界でも注目を浴びている美容整形方法です。その方法とは、皮膚のした、つまり真皮に髪の毛ほどの細い金の糸を埋め込むこと。金は高い美肌効果があると言います。そのために皮膚に埋め込むと、埋め込んだ周りの細胞が活性化をされて、細胞自身が若返りを始めるのです。その結果アンチエイジング、若返りに効果が発揮されるのです。手術をする前には、診察を受けカウンセリングをします。その際にこの美容整形のメリットやデメリット、またアフターケアなどの説明もあるので、しっかり理解をしたうえで施術を受けるかどうかを極めなくてはいけません。また金属アレルギーのある人は受けられません。また一旦施術をすると今度は取り出すことが出来ないので、覚悟を決めて施術を検討するべきですね。施術は約30分程度かかります。また局部麻酔なので、注射をする時に痛みが伴います。痛みの感じ方は人それぞれ違うのですが、一般的に、それほど我慢が出来ない痛みでは内容です。

金の糸のアフターケア

アフターケアとしては洗顔やメイクの際にはマッサージ

金の糸の施術を無事に終えることが出来たら、アフターケアはどのようにしたらよいのでしょうか。病院により注意事項が少し異なることもありますが、手術後当日からメイクをすることが可能だと言われます。また手術の際には皮膚をいじるので少し皮膚に腫れが残ったり、内出血を起こす場合もあると言われます。通常は腫れや内出血は時間の経過とともに改善するので、問題ありません。自分で行うべきアフターケアとしては洗顔やメイクの際にはマッサージやエステは3ヶ月くらいはしないということでしょう。施術により金の糸を挿入しているので、しっかり皮膚になじむように、そして効果を発揮してくれるために守らなくてはいけないことです。また施術の当日は糸を挿入した傷口にテープが張ってあることもあります。そのためにそのテープがはがれないようにアフターケアをすることも大切です。また激しい運動を避けたり、顔の表情を大きく変えるなど医師から注意されたことに対してはしないように気を付けましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。