糸のフェイスリフトのダウンタイム、気をつけるのは?

糸のフェイスリフトのダウンタイムで、気をつけるのは、患部にはあまり触らないことです。糸のフェイスリフトの術後は、痛みはそれほどないですが、若干の内出血や腫れを感じる子があるかもしれません。しかしそれは、しばらくしてきていきますので、冷やしてクールダウンをさせましょう。冷やすときには保冷剤等を肌にあてて、腫れを落ち着かせることができます。クールダウンの時には冷やすアイテムを患部に当てますが、それ以外では触らないことです。気になるかもしれませんが、完全に傷が癒えていないと、雑菌が入り込んだら大変ですので、不潔な手では触らないようにしましょう。糸のフェイスリフトは、医療手術で使う糸を内部へと入れています。そのため安全性は確かなものではありますが、糸を挿入したところが、術後は赤く点状になっています。それは術後のしばらくは残りますが、2週間もすれば徐々に消えていくので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

糸のフェイスリフトのダウンタイム

術後に内出血と腫れは出る可能性

糸のフェイスリフトのダウンタイムですが、病院で施術を受けた日は、浴槽に浸からないようにしましょう。また糸のフェイスリフト治療の当日はお化粧は控えることになりますが、次の日からは軽いメイクをすることができます。日常生活においての注意は、術後の当日からシャワーは使用できます。ただ、手術のすぐあとですので、顔にシャワーなどの水分があたらないように気をつけましょう。バスタイムは湯船に浸かりたいのをこらえて、3日目から入ることができます。手術は局部麻酔で行うものであり、手術の痛みは感じないですが、術後に内出血と腫れは出る可能性があります。術後は激しい運動をしたり、サウナや温泉も控える必要があります。紫外線に直接あたらにようにして、術後の当日はゆっくりと過ごしましょう。手術をした患部は触らないようにして、しばらくはエステサロンでのフェイシャルエステもお休みをしましょう。自分でするフェイシャルマッサージであっても、力強くマッサージを行うと、糸が出てくる恐れがありますので、落ち着くまでは顔に強い力を入れる行為は控えるべきでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。