イデバエ注射のリスクは大きい?

アンチエイジング医療の技術は日々進歩し、最近注目されている施術にイデバエ注射があります。
従来のアンチエイジング治療には、ボトックスやヒアルロン酸を注入する施術が主流となっていました。
ボトックスは、皮膚の表面ではなく筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の収縮を抑制することで、表情じわを軽減し、顎やエラを細くすることで、フェイスラインを整える効果があります。ただ、副作用として、顔がひきつって見えたり、定期的にメンテナンスを行わないと、一気に老け込むというデメリットもあります。
ヒアルロン酸注入は、柔らかいものや硬いものなど、硬さを選ぶことができ、リフトアップやしわの改善など幅広く使用できる成分で、唇にも注入することができますが、失敗すると蜂に刺されたような腫れ上がった唇になるというリスクがあります。
一方イデバエ注射は、しややたるみを改善するだけではなく、美肌効果もあるため、肌そのものの質感も潤いを感じるようになるという特徴があります。

イデバエ注射のリスク

しわやたるみの気になる箇所に注射

最新の美容注射であるイデバエ注射は、週に1回、4回打つことで、ほうれい線や頬のたるみがぐっと持ち上がる美容整形の方法です。
しわやたるみの気になる箇所に注射することで、肌のコンディションを整えていくことが可能です。
イデバエ注射には、イデベノンという物質が入っており、脂肪を溶解する効果があるため、頬のたるみによってできてしまったほうれい線などの解消に効果を発揮します。イデベノンは、強い活性化作用があり、コエンザイムQ10の約3倍もの抗酸化力があり、紫外線から肌を守り、老化を防ぐ効果もあるのが特徴です。
注射による施術なので、手術に抵抗がある人でも、気軽に施術を受けることができるというのもメリットといえます。
ただ、まだ日本ではどこのクリニックでも行っている施術ではないため、失敗のリスクを回避するためにも、事前にカウンセリングをきちんと行い、メリットだけでなく、デメリットやリスクも説明するクリニックを選ぶことが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。