重要!イデバエ注射の名医探しが大事な理由

イデバエ注射は、イタリア生まれの美容薬剤であるイデバエを、しわやたるみの気になる部分に注射することで、筋肉を引き締めリフトアップする効果が得られる美容整形手術です。
イデバエ注射は、皮膚の表面に浅く薬剤を注射していくこともでき、老化をストップさせることで、育毛にも効果があると考えられています。
施術の流れは、麻酔の塗布を行い、片顔に20カ所ずつを目安委に注射を打つ位置をマーキングし、少量ずつイデバエを注射していきます。
ダウンタイムもないので、施術後にはその場でメイクも行え、入浴や洗顔もその日のうちにできるのが特徴です。
デメリットとしては、一度の施術ではあまり効果はなく、週1回、20カ所を注射するというのを4セット行って1クール、これを2クール行うと、しわやたるみに効果がでるといわれています。
ボトックスやコラーゲン注射よりも注入時の痛みが強いといわれていますが、麻酔を行えば問題はありません。
まだ日本では実績の少ない治療法ですから、ミスを防ぐためにも名医を選ぶことが大切です。

イデバエ注射の名医

経験豊富な名医を選ぶことが重要なポイント

イデバエ注射は、顔のリフトアップとアンチエイジング効果がきたいできる最新の美容注射で、コエンザイムQ10の約3倍もの抗酸化力があるイデベノンと、筋肉を収縮させることで表情筋を引き締めるジノチルアミノエタノールという薬剤を配合した美容手術で、この2種類の成分によって、しわやたるみの形成を減少し、改善していきます。
メスを使った手術に抵抗がある人にとっては、注射だけで傷跡ものこりませんから、気軽に安心して行える施術といえます。
イデバエ注射は、レーザーやラジオ波などの機器と併用することができ、切開せずにねらった部位のエイジングケアができるというメリットがありますが、治療が完了するまで1~2週間おきに通院する必要があり、注入時の痛みを軽減するために麻酔をしようする必要があるというデメリットがあります。
また治療を継続しても効果が実感できない場合もあるため、経験豊富な名医を選ぶことが重要なポイントとなります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。