ダウンタイムの過ごし方で顔のヒアルロン酸の効果に差がでる?

手軽にできる美容法として、顔のヒアルロン酸が有名です。一番のメリットとして、他の美容整形に比べて顔のヒアルロン酸はダウンタイムがほとんど無いことが挙げられます。当日に注射をすれば、普通にメイクも出来ますし、痛みもほとんどありません。ただし、個人差があり人によっては注射直後に腫れや痛みが出てしまう場合があります。その場合は、あまり触らずに様子を見てみることが大切です。内出血がでている状態で、マッサージなどはせずコンシーラーなどで軽く目立たないようにメイクをしておきましょう。また、内出血が出てしまう場合がありますが、一週間から二週間ほどできれいに内出血の跡も消えますので、跡に残る心配はありません。施術の医院によっては、痛みに弱い方には麻酔入りのヒアルロン酸を打ってくれたりしますので、恐怖心はありません。一般的な注射と同じくらいの感覚です。ダウンタイムがほとんどありませんので、週末に顔のヒアルロン酸を注射すれば、次の月曜日にはきれいに若返ることができるでしょう。

顔のヒアルロン酸のダウンタイム

ダウンタイムは2週間くらい

顔のヒアルロン酸を打った場合、あまり強いマッサージを行ってしまうとヒアルロン酸の吸収を早めてしまうと言われています。まれに腫れや痛みが残ってしまう場合は、数日後には腫れも痛みもなくなります。それでも心配な方は、施術をした先生に相談をしてみましょう。顔のヒアルロン酸は、ほとんどダウンタイムはありませんが、まれに内出血がでてしまう場合があります。何日かたてば消えてしまいますので、他人の目が気になる場合はマスクをして隠したり、メイクをして隠すようにしましょう。現在は、様々なタイプのマスクが販売されていますので、ダウンタイムは重宝します。コンシーラーも有効なアイテムです。一度気になってしまうと、何度も鏡をみてしまったりするので、気にしない事が一番です。もしもダウンタイムが気になる場合でしたら、特別な用事がある2週間くらい前に顔のヒアルロン酸を試してみると良いかもしれません。ある程度日数がたった方が、ヒアルロン酸が顔になじむ場合もあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。