【経過ブログから考察】顔のヒアルロン酸にデメリット3つのまとめ

顔のヒアルロン酸は顔や唇、豊胸の際などにも使用されることの多い素材です。

ダウンタイムが少なく、施術時間も短いことからプチ整形としても需要が高いとされています。

切開による施術をするのが怖い人や、抵抗のある人におすすめの方法といえます。
特に、顔のヒアルロン酸注入はほうれい線やしわなどの改善や、ぷっくりとした可愛らしい頬にしたい、厚ぼったい魅力的な唇にしたい、涙袋形成などで注入する人は多いとされています。

では、顔のヒアルロン酸の注入におけるデメリットとはどんなことが考えられるのでしょうか。

一般的にヒアルロン酸の注入には特別な施術法がなく、施術自体はそのクリニックの医師の判断に任せられるものです。

つまり、施術者の技術力やデザインセンス、施術経験が豊富であるかどうかで仕上がりが左右されるということです。

施術時間が短く、リスクが少ないのでメリットが多いといっても、必ずデメリットも存在するものですのでしっかりと理解しておくことをおすすめします。

顔のヒアルロン酸のデメリット

半年~1年ほどすると元に戻ってしまう。「吸収される・持続効果が短い」

顔のヒアルロン酸注入におけるデメリットとは、やはり効果は半永久的ではないので1年ほどすると元に戻ってしまうことがあるということです。

場合によっては注入量が足りずに1日で戻ってしまったという口コミもあります。

というのも、ヒアルロン酸と言うのはもともと体内に存在している成分だからです。クリニックで使用されるヒアルロン酸の種類にもよりますが、大体1回目の注入で半年から1年程度しか効果が持続しないです。そのため、効果を継続させるためには、こまめに美容クリニックで注射を打つ必要があります。

持続効果を長くしたいのであれば、顔のヒアルロン酸注入で補うのではなくそれぞれに部位による切開術で改善した方が良いといえるでしょう。

手軽にできる施術であるからこそ、医師のデザインセンスや技術力が問われる施術でもあり、入れ過ぎたり少なすぎたりして不自然な詩があり似なることも十分に考えられますので、クリニック選びには細心の注意を払って行うのが望ましいといえます。

場合によってヒアルロン酸の製剤が皮下組織化すると顔が不自然に凸凹したりしこりができてしまうことも考えられます。

1~2回程度であれば問題ないとされていますが、複数回施術を繰り返すとしわやほうれい線を取るはずが逆効果になる可能性もありますので、たかがプチ整形とは考えずによく検討した上で施術を受けるようにしましょう。

 

しこり・石灰化のデメリットについて

顔・頬のヒアルロン酸注射を受けた場合、しこり・石灰化が生じるリスクがあります。これは、ヒアルロン酸を一か所に集中的に注入してしまうことが主な要因といえます。特に顔の鼻、頬など狭い範囲にそれなりの量のヒアルロン酸を入れると、そのまま解けずに残ってしまいやすいのです。その結果、石灰化、しこりが生じやすくなるのです。症状を解消するには、ヒアルロン酸を分解する注射を打つ必要があります。

感染が生じるデメリットについて

顔・頬のヒアルロン酸の施術を受けると、感染が生じるリスクがあります。主な要因は、施術を受けるクリニックが衛星的な配慮をきちんとしていないことです。たとえば、施術で使用する器具を十分に消毒せずに施術を行ったり、針が汚れていたりするなどです。その場合、細菌感染によって、患部に腫れや炎症が起きてしまいます。安全に施術を受けるには、ちゃんと衛生管理されたクリニックを選ぶ事が大事です。

信頼できる名医を見つけるポイント

顔・頬のヒアルロン酸注射を良好に受けるためには、信頼できるクリニックで、知識・経験が豊富な医師に施術を任せることが非常に大切です。ただ初めて美容クリニックを探す場合、どのような基準で信頼できる所を見つければ良いのか戸惑うことが多いです。

そうした方の為に、当相談所では信頼できる名医の美容外科をご紹介しております。なので、美容整形に興味がある方はまずはお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。