【手術前に閲覧必須】ハッピーリフトのデメリット

ハッピーリフトのデメリット

ハッピーリフトとは、溶ける糸を体内に埋め込むことで、たるみやほうれい線やシワなどの気になる部分を引き上げる施術法です。

この施術で使用される糸は、糸そのものが棘状になっているので、こめかみに固定しなくても好きな場所に糸を埋め込むことが出来るため、自由度が非常に高く、引き上げたい部分だけをピンポイントで引き上げることも可能です。

メスで切らずに施術できるので、身体への負担も少なくて感染症や副作用のリスクが生じることもほとんどなく、ダウンタイムも短くて済みます。

また、この糸は、たるんだ肌を引き上げるリフトアップ効果だけでなく、溶けた糸の周囲でコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンなどの生成が促進されるため、肌質そのものを改善してハリや弾力などをアップさせてくれる効果も期待できます。

ハッピーリフトには、このように様々なメリットが存在していますが、デメリットも存在します。もしハッピーリフトの施術を受けるなら、デメリットについても知る必要があります。

ハッピーリフトのデメリット

治療の効果は長くは続かない

ハッピーリフトは、特殊な溶ける糸を肌内部に埋め込むことによって、たるみなどの気になる部分をしっかりと引き上げることが出来ますし、糸の周囲にコラーゲンやヒアルロン酸などが生成されることで美肌効果も得られます。しかし、このようにメリットだけでなく、デメリットもいくつか存在しています。

まず、この治療の効果は長くは続かないというこという点です。

ハッピーリフトの効果は、個人差はありますが約1~5年程で効果は消えて元に戻ってしまいます。皮膚を切除するタイプの施術や、溶けない糸を使用する施術と比較すると、どうしてもその効果は小さく、持続時間も短くなってしまいます。

また、その他にも、医師の技術力によって差が生じやすく、時には、肌が引きつれたり、糸を固定した部分が膨らんだり、耳が変形してしまうなどの失敗が起きることもデメリットのひとつです。それを避けるためには、手術経験の多い技術力のある名医を選択する必要があります。

ひきつれ・笑顔が不自然に見えるなどのデメリットがあります

ハッピーリフトをアンチエイジング治療を受けると、たるんだ皮膚を引き上げられるので、若々しい印象の顔立ちになれます。しかし糸を埋め込む位置が悪いと、ひきつれ・笑顔が不自然に見えるなどのデメリットがあるので気を付けましょう。

熟練の医師に治療を任せていれば、正しい位置に糸を埋め込めるので、皮膚がひきつれたり、笑顔などの表情がおかしくなることはありません。実績のある美容外科で治療を受けることが大切です。

効果が持続しないというデメリットがあります

たるみが気になる人に人気が高いアンチエイジング治療のひとつにハッピーリフトがあります。特殊な糸を皮膚の中に埋め込むことで、たるみを引き上げられるだけでなく、線維芽細胞を刺激して、コラーゲンの生成を促す効果があります。

デメリットは効果が持続しないことで、技術の高い医師の治療を受けないと、短期間でもとのたるんだ肌に戻ってしまいます。効果を長続きさせたい人は美容外科選びに注意が必要です。

皮膚の中の糸が透けて見えることがあります

せっかくハッピーリフトしたのに糸が透けて見えるデメリットがある場合もあります。

顔のたるみを引き上げたいときは、美容外科でハッピーリフトを受けましょう。たるみが気になる部分に、特殊な糸を埋め込むだけで引き上げられるので、若い頃のようなハリを取り戻せます。ただし下手な医師に任せると、皮膚の中の糸が透けて見えることがあります。

治療を受けたことが周囲にばれてしまうので、ハッピーリフトを受けるときは、名医のいる美容外科に行きましょう。糸が透けないように気を付けてくれるので、誰かにばれる心配はありません。

名医に治療を任せたいときは当相談所まで

ハッピーリフトは気軽に受けられるアンチエイジング治療として人気があります。しかし技術の低い医師に任せると、効果が持続しない、ひきつれ・笑顔が不自然になる、糸が透けて見えるなどの失敗が起こる可能性があるので気を付けましょう。

当相談所ではハッピーリフトの実績が豊富な、信頼できる名医を紹介することが出来ます。どの美容外科に行けばいいかわからないときは、連絡するようにしてください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。