ゴルゴラインのたるみの美容整形のアフターケアで仕上がりに差が出る!

顔のたるみは年齢よりも老け顔にしたり疲れた印象をもたらすので年齢を重ねるごとに悩みが大きくなるばかりです。中でも漫画のゴルゴ13の主人公のように頬から目の下にかけて入る線「ゴルゴライン」に関してはエステやエクササイズでも改善しにくく、最近ではゴルゴラインのたるみの美容整形に注目が集まっています。ゴルゴラインのたるみの美容整形の種類としては切ってたるみを引き上げる手術のほか、糸で引き上げる方法、糸を入れて張りを出す方法、また気軽に受けることが出来る施術としてレーザーなどで肌を引き締めてたるみを解消する方法やヒアルロン酸などの注入物を入れる方法などもあります。これらの施術は切る手術の場合は全身麻酔で数時間にも及び、数日の入院が必要だったり麻酔が切れた後も痛み止めを使用したり、帰宅後も傷口へのアフターケアを行う必要があります。また糸を使用する方法やレーザー、ヒアルロン酸注入に関しても場合によっては腫れや内出血が出る場合がありますので、そういった場合は医師の指示にしたがいクリニックでのケアを行う必要があります。
ゴルゴラインのたるみの美容整形のアフターケアで仕上がりに差が出る!

適切なアフターケアを心がけましょう

頬から目の下にかけて線が入るゴルゴラインですが、これは老け顔の原因にもなり暗く疲れた印象にも見えてしまいます。そこで最近ではゴルゴラインのたるみの美容整形が人気です。そのゴルゴラインのたるみの美容整形の種類は切開し皮膚を引き上げるフェイスリフトや糸を挿入し皮膚を引き上げる方法、そしてプチ整形の代表格でもあるヒアルロン酸注入や脂肪注入、エステ感覚で受けることが出来る機械を使用したレーザー照射などがあります。中でも切開し皮膚を引き上げる方法に関しては効果が高い分全身麻酔で数時間にも及ぶ施術となりますので、入院が必要な場合もありダウンタイムも2週間ほどと長く、術後のアフターケアを適切に行う必要があります。例えば、術後3日後~一週間の間に通院をしガーゼの交換や抜糸、そして自分自身でも入浴や飲酒を控え止血のためのグッズを装用したりとしばらくはクリニックの指導にしたがいケアを行う事でより綺麗にフェイスリフトの効果を上げる事が出来ます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。