ゴールデンリフトのアフターケアって?

ゴールデンリフトは、しわやたるみなどを治療する方法の一つであり、メスで皮膚を切らないで治療をすることができるため、ダウンタイムが非常に短く、施術後のアフターケアを他の治療法よりも行わなくても大丈夫です。素人でも管理がしやすいため、非常に安心できます。ゴールデンリフトの手術に使用する糸は、金がコーティングしたものであり、手術後しばらくたつと、糸にコーティングされている金が溶け出し、肌に良い影響を与えるため、しわやたるみなどの治療のほかにニキビの予防などもすることが可能になっていて、長期的に考えると、非常に肌のケアが楽になることも魅力的な治療法になっています。また、糸の周辺の組織は、糸から肌を保護しようとして、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが生成され、肌に潤いを与えることが可能になっているため、非常に効果的なアンチエイジング治療をすることができ、体の内部から若返ることが可能になっています。

ゴールデンリフトのアフターケア

腫れや内出血のアフターケア

ゴールデンリフトの治療は、30分ほどで終えることができます。治療をするときには、顔に表面麻酔などの麻酔を用いるため、痛さをあまり感じることもないため、安心できます。施術した日には、麻酔による腫れが出る場合がありますが、次の日には腫れが引くことがほとんどです。腫れが長引いても、2,3日であり、安心できます。ごくまれに内出血を生じてしまうこともありますが、1~2週間ほどで引きます。腫れや内出血のアフターケアは、内服薬や冷やすことなどでケアをすることも可能であり、簡単に処置することが可能です。ゴールデンリフトの手術の後にシャワーやメイクを、手術日や翌日にすることが可能であり、手術の傷跡に関するケアもすることができます。手術後、しばらくは飲酒や喫煙、激しい運動は避ける必要があるため、注意が必要です。顔のエステやマッサージは、3か月ほど控える必要があるため、定期的にマッサージを行っている人は、注意する必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。