フェザーリフトのダウンタイム、気をつけるポイントは?

フェザーリフトは糸を使ってリフトアップする整形方法の一つです。フェザー状のギザギザのついた糸を皮膚の下に挿入することにより、糸の両側の組織を引っ掛け上に引っ張り上げることでたるんだ頬を改善し、ほうれい線を解消します。この施術はメスを使わないため、傷口も小さく、施術時間も短時間で済みます。翌日から洗顔やシャワー、メイクもできるため仕事で有給を使わなくても受けることができます。そんなフェザーリフトのダウンタイムはクリニックによってはほとんどないというところもありますが、人によっては痛みや腫れ、内出血が出る場合もあります。大抵は痛みは腫れは冷やすことで改善でき、2、3日程で落ち着きます。そして内出血も糸の挿入部が赤くなることがありますが、メイクでカバーできるくらいです。数日から2週間程で徐々に消えていきます。そのため、ダウンタイムは2週間程度と考えておくといいでしょう。しかし、このダウンタイム中に気をつけなくてはいけないことがあります。

フェザーリフトのダウンタイム

身体がアレルギー反応を起こしている可能性

まず、フェザーリフトは糸の挿入です。そのため、異物を入れれば身体は反応を起こすため、ダウンタイム中に痛みや腫れ、内出血を生じるのは普通のことです。しかし、次第に馴染むため症状は落ち着きますが、まれに何日間経っても症状が落ち着かず、酷くなる場合があります。その場合、身体がアレルギー反応を起こしている可能性があります。そのような場合、取り除く必要があるため、すぐにクリニックに相談して下さい。また、このようなリスクをきちんと説明しないクリニックや、ダウンタイムはないと謳っているクリニックでは、このような症状が出た際に適切な対処をしてくれない可能性があります。そのため、フェザーリフトを受ける際には施術経験が豊富な医師がいる信頼できるクリニックを選ぶ必要があります。そのようなクリニックでは施術でのリスクもきちんと説明した上で行ってくれます。また、アフターケアの対処もしっかりしてくれます。このようにフェザーリフトを受ける際は始めのクリニック選びをきちんとする必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。