コンプレックスにさようなら!フェイスリフトの効果とは

フェイスリフトを行うことで、顔のたるみやしわなどを改善し、小顔になることが期待できます。施術方法はメスを使用して行う方法や、糸を使用して切らずに行う方法など、多岐にわたります。顔に傷がつかないことから、糸によるフェイスリフトの治療が人気が高まっており、そのメリットはダウンタイムの短さにもあります。糸によるフェイスリフトは、主に糸を使用してたるんだ部分を引き上げる方法と、糸を埋め込んで組織を引き締める方法の2つに分けられます。引き上げる治療はフェザーリフトやスレッドリフトなどと呼ばれており、皮膚がたるんでしまった箇所を糸でひっぱることでたるみを改善する方法です。糸を埋め込む方法は、レーザーや超音波、高周波を使用して行う施術の効果と同様の効果を期待して行うもので、糸を埋め込むことで組織を反応させて肌質をよくさせるアプローチをすることができ、結果的にお肌が引き締まり、フェイスラインがすっきりします。
フェイスリフトの効果

フェイスリフトの効果を持続させる施術

糸を使用して引き上げる方法で使われる糸は幾つか種類があります。刺状のかえしが多くついている糸や、円錐形のコーンが多数ついている糸、輪っか状の糸などがあります。留め方に関しても種類があり、一人一人の状態にあった方法を的確に施術してくれる医師を選ぶことがポイントです。フェイスリフトの効果を持続させる施術は、伸縮性のあるスプリングスレッドがおすすめです。糸をカーブさせて入れることで、顔の中央にも効果を出すことができ、仕上がりも美しいのが特徴です。スプリングスレッドの素材は溶けない糸と呼ばれているものを使用するため、長期的に美しい状態をキープできる仕組みです。糸が溶けるタイプのものは万が一自分が満足のいく効果がでなかった場合にも、糸が自然に溶けてリスクが低いのがメリットです。持続性を重視するのか、定期的にメンテナンスを行うリスクの比較的低い方法をとるか、カウンセリングなどで相談しながら決めましょう。フェイスリフトによってフェイスラインがシャープになることでアンチエイジングにもつながり、コンプレックス解消にもつながる期待がもてます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。