フェイスリフトのアフターケアの重要性とは

人は年齢を重ねていく中で重力の影響を受けて顔がだんだんと垂れ下がってきます。目じりが下がったり顔がたるんだり、そういった年齢を感じさせる変化を取り除き、若返らせるための施術をフェイスリフトと言います。フェイスリフトを行なうことで5歳から10歳は若くなります。すっきりとした印象となり、お肌に張りが出てきます。髪の毛の中での縫合となるので傷跡はほとんど目立ちません。

1度行なえば半永久的に効果もあり、とメリットも大きな施術ですが、失敗やトラブルを少なくするためにはアフターケアも万全な信頼できるクリニック選びは重要になります。フェイスリフトはさまざまな種類があり、手術方法もそれぞれのクリニックごとに異なります。最近では切らない施術法というのも出てきています。切らない分、ダウンタイムも短くて済みますし気軽に受けることができます。それぞれのクリニックの症例数の多さや実績を調べて慎重に選ぶ必要があります。
フェイスリフトのアフターケア

フェイスリフトの最近の主流派SMAS法

さまざまな方法があるフェイスリフトですが、最近の主流派SMAS法です。皮膚だけでなく皮膚と筋肉の間のMAS筋膜も一緒に引っ張ります。組織全体がリフトアップされるので持続期間が長くなるのが特徴です。2時間から3時間ほどで手術が終わり、入院の必要はありません。

術後のアフターケアについてですが、顔を濡らさなければ翌日からシャワーができますし、入浴したり洗顔・お化粧したりも3日後くらいから可能になります。抜糸は1週間後くらいに行なわれます。

フェイスリフトの術後の状態は個人差があります。内出血により赤くなる人や腫れが出る人もいます。万が一症状が現れたときは温かいタオルで温めるなどの対処法を聞いておくようにしましょう。

入院の必要はないですが、お酒やタバコ・スポーツやメイクなど1週間から2週間程度はできるだけ控えるようにして安静にして過ごしましょう。
効果が出ないだけでなく、顔に何らかのトラブルが起こってしまっては大変です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。