ディメンショナルリフトの名医かはどう確かめる?

糸を使って皮膚の内側からたるみを持ちあげて改善するリフトアップはスレッドリフトと呼ばれていて、メスを使わず皮膚の切開が不要で、細い針だけで施術ができるので短時間で終わって傷跡が残らないメリットがあります。ディメンショナルリフトは従来のスレッドリフトに使われている糸を改良して、ギザギザした部分を増やすことによって引き上げ度をアップさせてあるので効果が長持ちして確実なリフトアップができます。ディメンショナルリフトの名医なら30分程度の短い時間でたくさんの糸を適切な位置に通して、自然なラインになるように施術をしてくれるので仕上がりがきれいで、終わった直後も肌の表面に傷や内出血がなくて手術をしたことがほとんどわからないようにやってくれます。ダウンタイムも短くて済む施術法なので、手際良く上手に手術が終われば当日から洗顔や入浴が可能で副作用もなく、一週間くらいでほとんどの傷跡が回復して肌の調子が元に戻ります。

ディメンショナルリフトの名医

名医は皮膚や筋肉の構造も熟知

ディメンショナルリフトの名医は最初のカウンセリングでどの部分をリフトアップすれば最も効果的にきれいな仕上がりになるかを見分けることができて、施術前のマーキングも1人1人に合わせて的確に行ってくれます。経験の浅い医者だとどの筋肉や皮膚がどこにつながっているのかを頭の中で計算できず、せっかく施術をしても張り具合が足りなくてしっかりリフトアップができなかったり、引き上げの程度を調節できずすぐに元に戻ってしまうことがあります。ディメンショナルリフトの施術経験が豊富でさまざまな顔のタイプの患者を診察してきた医者なら、どこに何本の糸を通せば確実にたるみを解消できて効果が長持ちするかすぐに分かるので、しっかりとリフトアップ効果が実感できます。名医は皮膚や筋肉の構造も熟知しているので、無駄に糸を通したり間違えて針を刺したりすることもないので施術後のつっぱり感や皮下出血、皮膚がくぼんでしまったり腫れたりするようなトラブルもほとんどなく安全に施術が受けられます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。