ボトックス注入のリスク、考えられるのは?

プチ整形はメスを使わない美容整形です。
顔や体にメスを入れる事なく、コンプレックスを解消できるとして人気となっています。
ボトックス注入注入もプチ整形の1つで、表情ジワの改善や小顔効果、脚痩せ効果といった様々な効果を得られる点が特徴です。
メスを使う美容整形よりも手軽で安心というイメージから、初めて美容外科で施術を受けるという方が、ボトックス注入を選ぶケースが増えています。
ただ、プチ整形といっても顔や体に施術を行うという以上、失敗や副作用といったリスクはゼロではありません。
デメリットを知らぬまま、失敗や副作用の症状が出てしまったら、身体的はもちろん精神的にも大ダメージとなってしまうでしょう。
プチ整形と軽く考えるのではなく、施術前にはどのようなリスクが考えられるのか、情報を集めてチェックしておく事が大切です。
事前に知っておけば、もしもの時も慌てなくて済みますし、施術を受ける医師選びも慎重になるというメリットがあります。

ボトックス注入のリスク

リスクは顔面の麻痺

ボトックス注入はメスを一切使用しない、プチ整形という事もありメリットばかりに注目してしまいがちです。
ですが、プチ整形であっても失敗や副作用のリスクは当然あります。
施術を受ける前に、どのような失敗や副作用があるのかチェックしておきましょう。
失敗として挙げられるのは、顔面の麻痺です。
ボトックス注入は筋肉の動きを弱める薬剤を、注入する施術を行います。
薬剤の注入量が多すぎると、過剰に筋肉の動きが抑制され、顔が動きにくいといった症状が起こります。
また、まぶたが開けにくい、笑いにくいなどを感じる方もいるようです。
他には筋肉のバランスが崩れてしまい、頭痛を引き起こすケースもあります。
これらの失敗や副作用は、注入量や注入する位置を間違える事で、起こりやすくなります。
ですので、施術を受ける際は技術・知識、そしてセンスの高い医師を選ぶようにしましょう。
医師選びをどうすればいいか分からないという方は、当相談所をご利用ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。