ボトックス注入のアフターケア、避けるべきこととは

美容整形に興味はあるけれど、やっぱり顔や体にメスを入れる手術は怖い・・という方も多いでしょう。
このような方におすすめなのが、プチ整形です。
プチ整形はメスを使用せず、コンプレックス部分を改善できる美容整形です。
メスで皮膚を切開・縫合する外科的な手術を行わない為、傷跡が残ったり施術後、腫れや痛みが長く続くという事がありません。
美容整形初心者という方でも、プチ整形であれば比較的施術を受けやすいでしょう。
プチ整形には色々な施術法がありますが、その中でも特に人気となっているのが「ボトックス注入」です。
このプチ整形では筋肉の動きを弱める、薬剤を注射器で注入する施術を行います。
施術を受ける事により、表情ジワの解消・小顔効果・足痩せ効果を得られる点が特徴です。
ボトックス注入はダウンタイムも短く、忙しい方でも施術を受けやすいでしょう。
ただ、直接顔や体に施術を行うので、アフターケアは必要不可欠です。
施術を受ける際は、どのようなアフターケアが必要となるのか医師に相談しましょう。

ボトックス注入のアフターケア

洗顔とメイクは施術後から可能

ボトックス注入はメスを使わない、プチ整形の1つです。
プチ整形と聞くと、施術後のアフターケアは必要ないというイメージがありますが、顔や体に施術を行うので、やはりケアは必要となります。
洗顔とメイクは施術後から可能ですが、当日の入浴は避けましょう。
血行を促進するような事を行うと、腫れや痛みが強く出る傾向にあります。
入浴はせずシャワーで済ます、また血行促進作用のあるアルコールの摂取、運動も避ける事が大切です。
また、施術後のマッサージも厳禁です。
マッサージを行うと、せっかく注入した薬剤が他へ移動してしまう恐れがあります。
薬剤が広がってしまうと、思ったような効果を得られません。
ただ、このようなケアに注意を行っていても、技術の低い医師が施術を行うと、仕上がりに満足できないケースも出てくるでしょう。
プチ整形だからどこで施術を受けても一緒と考えず、信頼できる医師による施術を受ける事がおすすめです。
当相談所ではボトックス注入の、名医と言われるような医師をご紹介する事が出来ます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。