ボトックス注入のダウンタイムについて知っていますか?

おでこや眉間、目尻といった部分にできるシワは、表情ジワと言われています。
筋肉の動きの癖で出来るシワなので、スキンケアで改善する事が出来ません。
ケアで解消が難しい表情ジワですが、「ボトックス注入」というプチ整形なら消す事が可能です。
このプチ整形は筋肉の動きを抑制する、薬剤を注射器で筋肉に注入する施術を行います。
筋肉の動きが弱まるので、表情ジワを目立たなくする事ができるのです。
メスを使わないプチ整形という事もあり、手軽に受けられるとして人気となっています。
ただ、注射器での施術といっても、やはり顔に直接施術を行う以上、ダウンタイムはつきものです。
ダウンタイムとは施術を受けてから、日常生活が問題なく送れるまでにかかる、期間の事を言います。
ボトックス注入では施術後、痛みや腫れといった症状が約1週間程度続きます。
この他に内出血を起こすケースもありますが、2週間程度で自然と消えて行くので安心しましょう。

ボトックス注入のダウンタイム

ボトックス注入はダウンタイムも短い

ボトックス注入は注射器だけの施術となる、プチ整形という事もあり、施術後のダウンタイムも短いというイメージがあります。
確かにメスを使う美容整形よりは短時間ですがゼロではありません。
施術後は筋肉痛のような痛みや、腫れといった症状が現れます。
これらの症状は約1種間程で改善するケースがほとんどです。
ただ、内出血が起こった場合は、消えるまでに2週間ほどかかります。
腕に注射をした際、あざのような内出血が出来る事がありますが、これと同じ事が顔にも起こるのです。
内出血は自然と消えますし、ファンデーションやコンシーラーでカバーできるので、気にしないようにしましょう。
ただ、これらの症状は技術力の低い医師が施術を行った場合、強く出る傾向にあります。
少しでもダウンタイム期間を短くしたいのであれば、技術力の高い医師を探しましょう。
もし、医師選びに迷ってしまったら、当相談所をご利用ください。
ボトックス注入の技術が高い、信頼できる医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。