ボトックス注入を受けるならデメリット3つを確認しよう【症例ブログから考察】

デメリットを経過ブログから考察してみた

ボトックス注入は美容外科で受けられる、プチ整形の1つです。
プチ整形はメスを使わない美容整形の事で、メリットが多いとされています。
ボトックス注入も顔にメスを入れる事無く、表情ジワを解消できる・小顔効果がある・足痩せ効果を得られる点が魅力です。

ボツリヌス菌という菌の毒素から作られた薬剤を、注射器で筋肉部分に注入する施術を行います。
毒素といっても体に害が無いよう、加工されているので安心です。

皮膚を切開・縫合しないので、施術後の腫れや痛みといった症状も軽くて済みます。
初めて美容整形を受けるという方でも、比較的敷居が低いプチ整形です。

ただ、プチ整形といってもメリットばかりではなく当然、デメリットも存在しています。

良い面ばかりに目を向けて、デメリットの事を一切調べておかないと、もしもの時に後悔してしまうでしょう。

施術が簡単というイメージのあるプチ整形ですが、施術を受ける前には必ず、どのようなデメリットがあるのかチェックする事が大切です。

ボトックス注入のデメリット

デメリットは効果の持続性

持続効果が短いのは知っているけれどどのくらいの持続効果があるのか。

ボトックス注入はメリットの多いプチ整形と言われています。
ですが、体に直接施術を行うという以上、デメリットはゼロではありません。
デメリットとして、まず挙げられるのが効果の持続性です。

ボトックス注入には治療の周期があります。回数を重ねるごとに長くなり最終的には何年かに1度の注入で数年の効果を得ることが可能です。

最初の1回目は約3ヶ月程度で効果を感じられなくなってしまうことがあり、人によっては通常よりも短い期間で効果を感じなくなってしまうこともあります。持続効果の差は注射の分量や個人差によって変化もします。
デメリットとして、皮膚を切開するなどの美容整形外とは異なり、継続的な注入が必要となることです。

施術後、若返りや小顔、脚痩せ効果は長くても半年から1年程度しかキープできません。
ですので、効果を持続させるには、定期的に施術を繰り返す必要があります。
この他に挙げられるのは、表情が乏しくなるという点です。

筋肉の動きを抑制する薬剤を注入する為、注入する位置や量を間違えてしまうと、顔の筋肉が動きづらくなってしまいます。
すると、能面のような硬い表情しか出来ません。

このようなボトックス注入のデメリットは、医師の技術や知識、そしてセンスによって大きく左右されます。
少しでもリスクを下げたいのであれば、信頼できる医師を探しましょう。

もし、どの医師に施術を頼めば良いか分からないという時は、当相談所をご気軽にご利用ください。
安心して施術を受けられる、医師をご紹介しています。

コレって失敗!?表情が硬くなる…ボトックス注入のデメリットを教えて!

表情が硬くなる・笑えなくなる原因について知っておきましょう。

表情が硬くなってしまったり、笑えなくなってしまったという症状の中には、効果が効きすぎてしまうことが原因としてあります。このような副作用を予防するためには、初回もしくは2回目のボトックス注入を調節しながら個人に合った分量を見極めることが大切です。

この分量を見極めるというのは難しく、注入部位を含めた経過観察が重要になります。そのため、手技の熟練度意外にも、細かい観察をする目も必要となります。

安全性・副作用が強い材料があるのか知っておこう

ボトックス注入は、注入することによって神経的麻痺を起こすことが目的です。そのため人によっては、通常とは異なる感覚によって不快感を感じる場合もあります。ボトックス自体は、 A型ボツリヌス毒素が含まれていますが、安全性の高い医薬品です。

ただし、副作用としては眼窩下垂や風邪のような症状が起きることもあります。個人差はありますが頭痛も起こる可能性も考慮する必要があります。
強い副作用や違和感を感じた時には、すぐに相談をしましょう。

おすすめの名医を紹介してくれる所を把握しましょう

ボトックス注入は手軽に行えるため、ほとんどの美容整形外科で受けることができます。ただし、ボトックスを顔面に注入する注意点などをきちんと理解し、カウンセリングを通して自分の納得できた段階で受けるようにしましょう。
必要以上な筋肉の働きの抑制を起こしてしまう可能性もあるため、知識や技術がたけている名医を選ぶことが大切です。
当相談所では、ボトックス注入に関するおすすめの名医を紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。