アクアミド除去の修正で確認すべきポイントは?

もう少し鼻を高くしたい、法令線やしわを目立たなくしたいなどでよく使用されるのがヒアルロン酸の注射です。ヒアルロン酸を注射して注入を行うだけで、理想的な美容を行うことが可能です。

ただヒアルロン酸は注入しても、一定の期間を経過すると体内に吸収されなくなってしまう欠点があります。そこで半永久的に無くならない状態にし続けることができ、いつまでも美容を保ち続けることができるのがアクアミドの優れた所となります。

アクアミドは半永久的に吸収されないのは良いですが、一度、注入してしまうとそれを修正したり、取り除いたりする上では切開による手術を行なわなくてはならないです。最初のアクアミドを注入した時点では整っている状態となっていても、将来的に注入箇所が浮き上がることもあります。

つまり歪な状態になったりした場合、修正を行う上ではアクアミド除去による切開手術でしか、解決しない点がデメリットです。そして切開手術を行うこととなるため、後で縫合による跡が残ってしまう点もあります。

このようにアクアミド除去の修正では、場合によっては大掛かりな手術を要することが多い点に注意する必要があります。

アクアミド除去の修正

切開手術となるので失敗する可能性

美容整形でヒアルロン酸に代えて、アクアミドを注入した場合、それは人体に吸収されることはない素材を用いているため、手術が必要となります。その方法は、皮膚を切開してその中身をかき出すことで除去する方法です。

従ってアクアミド除去では、人体に吸収されないアクアミドを取り除くための切開による手術となります。
この切開による手術は、担当する医師の技量や専門知識、今までの実績によって左右されるケースが多くなります。

また実際にメスを使用して切開する必要もあるため、その切開時の痛み止めとして局所麻酔を注射などを行い、そのタイミングなども重要だったりします。切開手術は跡に残る可能性もあるため、いかに失敗せずに跡に残らないようにするかが鍵を握ることとなります。

アクアミド除去の修正は、人の手作業でもある切開手術となるので失敗する可能性もあります。そのためできる限り、その手術を行った実績のある医師の手術を受けることがベストです。

当相談所では、アクアミド除去の修正手術に実績もあり、定評ある医師を紹介することも可能です。お気軽に相談できて、探せる手間も省くことができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。