3Dリフトの効果に期待できること

美容整形には3Dリフトという施術が存在します。リフトアップの目的で利用される施術ですが、3Dリフトによって頬やフェイスラインのたるみを解消できる効果が得られます。
頬やフェイスラインは筋肉の衰えなどによって、垂れ下がる性質を持っています。垂れ下がるようになると、ブルドッグのようなたるんだ顔になったり、年老いて見えるようになります。このたるんだラインを3Dリフトで引き上げることで、すっきりとした輪郭を手に入れることが可能です。ハリのある頬を作り出せますので、若々しい見た目になるというメリットもあります。
生体分解性ポリマーである円錐状コーンを糸に採用しています。皮下組織の部分にくっつきやすい特殊な糸を使っていますので、リフトアップ効果が高いという魅力を持っています。また、従来のリフトアップ施術とは違い、メスを使わずに皮膚組織に糸を挿入できるようになっています。メスによる傷跡を残したくない人におすすめです。

3Dリフトの効果

効果の持続時間は、おおよそ3年から5年

3Dリフトの効果の持続時間は、おおよそ3年から5年です。これは溶ける糸を採用した場合になります。溶ける糸は体内で自然に吸収される、安全性の高いものが使われています。
皮膚組織に異物が残らないのがメリットですが、逆にこのメリットによって永久的な持続効果が得られないというデメリットも抱えるようになります。場合によっては1年程度で効果がなくなってしまうこともありますので、事前に医師の説明をよく聞いておきましょう。
溶けない糸で3Dリフトを行える美容クリニックも存在します。溶ける糸のように、持続時間が短くなる心配がありません。できるだけ長くフェイスリフトの魅力を持続させたいなら、溶けない糸で施術を受けることを検討してもよいでしょう。
しかし、溶けない糸を採用した場合で修正するには、取り除くための手術を受けなければならなくなります。施術方法によっては、皮膚組織から取り出せないなど、修正が難しい事態に陥ることがありますので、気をつけてください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。