3Dリフトのアフターケアでやるべきこととは

3Dリフトは最新の技術を用いたリフト糸を使用し、皮膚を切開することなくしわやたるみを改善することができるリフトアップ施術です。3Dリフトの特徴としては、円錐状のコーンが糸の左右に取り付けられており、このコーンによって糸を双方向に引っ張りあうような力が作用して、従来用いられてきた糸よりも皮下組織にしっかりと立体的な引き上げ効果を発揮します。また糸についているコーンが支えとなるため、糸を筋組織に固定する必要がありません。これにより法令線や頬のたるみ、首のたるみ、眉のリフトアップなど様々な個所の治療に適用することができます。更に、従来であれば糸を固定するために1センチほど切開する必要がありましたが、糸の両端に付いたコーンが双方向に引き合って糸を支えるので固定する必要が無く、切開が不要になります。切開をしないことで腫れやむくみなども少なくなり、ダウンタイムやアフターケアも従来より少なくてすみます。

3Dリフトのアフターケア

施術後の腫れやむくみなどは従来に比べて軽い

3Dリフトのメリットは、従来の小顔若返りリフトでは難しかった額などの部位をはじめ、あらゆる場所に使用することができるので非常に自由度が高い点があげられます。個人個人に合わせた効果を発揮するリフトアップができるほか、3Dリフトほかの施術との組み合わせによって更に高い効果を得ることもできます。また3Dリフト安全性が高い点も特徴です。手術に使われる吸収糸なので、時間の経過とともにコラーゲンとなって体内に吸収されていきます。コーンも柔らかく変化していき、完全に吸収されます。糸の周辺の細胞を刺激することで、コラーゲンなどの生成が促進され、肌にはりやうるおいを生み出します。糸が吸収された後も生成されたコラーゲンによってリフトアップ効果が持続するので美肌効果は長期にわたります。施術後の腫れやむくみなどは従来に比べて軽いものですむのでアフターケアもあまり気にする必要はありませんが、引きつり感や小さな血腫が起こることもあり、鎮痛剤や抗浮腫療法で対処します。また入浴やメイクも翌日より可能ですが、施術個所へのマッサージは一か月程は行わないようにします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。