3Dリフトを受けるのはデメリット4つを確認してからで!

3Dリフトのデメリットまとめ

「3Dリフト」は切らないリフトアップ法として近年、注目を集めています。

従来のリフトアップ法と比べ、施術時間も短く、また、ダウンタイムの期間なども大幅に改善されるので、
忙しい女性にとっては、便利で手軽な美容法として広く受け入れられています。

多くのクリニックは、「3Dリフト」のメリットを大きく掲げ、美を追求する女性たちの心を惹き付けていますが、果たしてメリットだけが存在する夢のような施術なのでしょうか?

通常の美容施術には、多くのメリットと共にデメリットも存在します。医学の進歩に伴って、デメリットは樹来のものと比較した時には、格段に軽減されているケースが多いですが、それでも、「0」になった訳ではありません。

美しく若返れるという殺し文句にだけつられて、安易に美容施術を受けててしまって、トラブルに巻き込まれると言うケースも残念ながら少なくはないのです。ここでは、「3Dリフト」によって、引き起こされる可能性のあるデメリットについても、言及して行きたいと思います。

3Dリフトのデメリット

永久的な持続効果が得られないというデメリット

「3Dリフト」は切開を必要としない為、傷跡も非常に小さく、傷によって引き起こされる痛みや腫れ、内出血なども最小限で抑えられるのが大きな特徴です。また、コスト面にかんしても、従来の切るリフトアップに比べると半分以下の価格となっており、女性たちの取ってはより手軽な美容施術となっています。

しかし、低コストと手軽さで女性たちの需要が高まる中、「3Dリフト」を数多く施術している経験値の高い医師が少ないという事実もあります。このことは、施術を受ける患者に取ってはおおきなデメリットになります。
「3Dリフト」などのリフトアップ施術は、医師の技術力に仕上がりが大きく左右されるものです。

経験値の少ない医師が担当したことにより、肌表面に凸凹ができたり、過剰な引き上げにより不自然な仕上がりになる等のトラブルに繋がる可能性あります。

また、切開によるリフトアップ施術と違い、リフトアップの継続期間が1−2年と短いところも注目すべき点です。

1度、リフトアップに成功しても、徐々にもとの状態に戻る可能性があるということも、十分理解しておくことが重要でしょう。

皮膚に通した糸が外から見えてしまう

3Dリフトの美容整形手術で糸を皮膚に通す際には、外から見えないように慎重に処置することが必要です。顔の部分、特に3Dリフトで糸を通す頬の部分は、皮膚が他よりも薄くなっているので、糸が透けて見える場合があります。

手術に使う糸は最新のタイプであり、手術する側の医師の知識が充分でないことも少なくありません。そうした経験の薄い医師に手術を依頼し糸を通すと、外から糸が見えてしまう結果になってしまいます。

手術しても術後の効果がなくなってしまう

女性は頬がふっくらしていると幼く見え、顔の印象も丸顔に見られてしまうようになります。頬の部分がほっそりとすると、顔に立体感と大人っぽさが出やすくなります。

皮膚の下に糸を通して引き上げる効果を持つ3Dリフトの美容整形手術は、施術することで頬の丸みをなくすことが可能です。

ただし手術しても術後しばらくしたら、皮膚の引き上げ効果が持続しないこともよくあります。皮膚を持ち上げる糸の位置が正しくないためなり、再手術が必要になります。

強い糸を通すので顔の表情に問題が出やすくなる

こんなデメリットに警告!笑顔が不自然にならない3Dリフトをするには

皮膚を持ち上げてハリを出す3Dリフトの美容整形手術は、皮膚を持ち上げるために強力な円錐型のコーンの糸を用います。糸の力が強いので皮膚の持ち上げに適しており、しっかりと皮膚を引き上げることができます。

使う糸が強いと引き上げ効果が大きいですが、施術したらひきつれ・笑顔が不自然のなってしまうこともあるのです。糸で皮膚を上げすぎるとひきつれ、神経の損傷も起こることがあり逆にマイナスになる恐れがあります。

最新の手術は名医に依頼するのが良い

3Dリフトの美容整形手術は効果が持続しない、ひきつれ・笑顔が不自然になる糸が透けて見えるという問題を抱えてします。この手術は比較的新しいタイプの手術となるので、施術の技術が未熟な医師に難しく先述した問題が多く起こってしまいます。

デメリットのある手術ですがプチ整形として効果が大きく、高い美容の作用が期待できます。最新の手術を成功させるには、名医に頼むようにしましょう。このサイトでは名医がいるクリニックの紹介ができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。