ハムラ法のリスク6つをまとめます

ハムラ法は下まぶたのたるみの原因となっている眼窩脂肪を目の下のくぼみのある所に移動する手術です。

まず、下まぶたの下まつげ付近を切開し、眼窩脂肪をくぼみのある所に移動させた後に固定させたら、余った皮膚を切除するという工程の手術です。

ハムラ法は、自分の脂肪を移動させるだけなので、ヒアルロン酸のようにアレルギー反応を起こす可能性もありませんし、1回の手術でその効果を半永久的に持続させることが出来るので、何度も手術を受ける必要がありません。

たるみの原因の脂肪を移動せることでたるみを解消できますし、クマや凸凹した部分を改善してフラットでスッキリとした目元を作り出すことが出来ます。

それによって、これまで、たるみやクマのせいで、実際の年齢よりも老けて見えたり暗い印象を与えてしまうことがコンプレックスだった人も、明るい印象に変わります。

このように様々なメリットのある手術ですが、もし手術を受けるなら、どんなリスクがあるのかを知る必要があります。

ハムラ法のリスク

そこで今回は、ハムラ法のリスクをまとめます。

例えば、代表的なリスクとしては、傷跡が目立つ場合もあります。

ハムラ法はメスを使って手術を行なう治療法で、目の下のクマなどができる部分をメスを使って切開するため傷跡が目立つ場合があります。

そのため医師の技術や治療方法によっては傷跡がかなり目立つ場合があるため、目立たない場所を切開してもらったり、縫合せが上手な医師に治療をお願いすることが良い方法です。

ハムラ法のリスクまとめ

ハムラ法に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、ハムラ法のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

ハムラ法のリスク

ハムラ法のリスク アッカンベー状態・白眼がむき出してしまう

ハムラ法のリスクとして取り過ぎによるアッカンベー状態・白眼がむき出してしまう・眼瞼外反が有ります。

一度失敗してアッカンベー状態になってしまった症例では修正手術が大変難しくなります。
失敗を回避するためにも、予防の意味でも症例数が少ないドクターには十分注意して下さい。

ハムラ法で注意しなければならないリスクとして不自然・バレバレは覚えておいてください。

ハムラ法のリスク 改善しない・効果が無い

ハムラ法のリスクとして目の下のクマ・たるみが改善しない・効果が無いが有ります。

ハムラ法では目の下のクマ・たるみ改善の効果がありますが、施術者・医師の技量によります。

効果が無い場合には、修正やメンテナンスをしなければなりません。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

傷跡が目立つ!?知らないと怖いハムラ法のリスク

ハムラ法では、皮膚表面を切開するため、傷跡のリスクが有ります。
たるみを取る手術なので仕方が無いとは思いますが、名医を選択する事で最小限の傷跡にする事が出来ます。

名医を選択して頂ければ極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくするお薬(半年程度服用)などを使って傷跡を最小限にしてくれます。

深く皮膚を切り取ってしまうと凹凸が残ってしまう事もあります。ケロイドに注意が必要です。

ハムラ法のリスク 内出血・腫れ

ハムラ法では、ダウンタイム中に内出血・腫れが生じます。

内出血・腫れに関しては2週間程度続く事がありますので、ダウンタイム中はマスクなどを付けて外出しなければなりません。

クマ・たるみが解消しないこともある

ハムラ法は、眼の下のたるみや目袋の膨らみや下の凹んだ部分との差で影ができてクマになった部分を解消することが期待できます。しかし、ハムラ法でクマ・たるみが解消しない場合があります。

これはクマやたるみの状態がこの治療法では改善効果が期待できない場合があるためです。治療をする前に医師に効果が期待できるかを確認する必要があります。

下瞼の赤い部分が見える状態になる

成功することで目の下のたるみやクマなどが大きく改善する方法ですが、ハムラ法では外反になる可能性があります。外反は下瞼がひっくり返って赤い部分が見えるような目になってしまうことで、この治療法は下瞼の赤い部分見える状態になってしまうリスクがあります。

下瞼を必要以上にメスで切開したために生じることなので、治療経験が豊富な医師に手術をお願いすることが大切です。

名医にお願いすべき治療

ハムラ法は目の下のたるみやクマを改善することが期待できる治療法です。

成功すると大きな改善効果が得られ若々しい印象にもなることができますが、リスクを伴う治療でもあるため治療経験が豊富な名医に手術をお願いすることが良い治療法です。

口コミで美容外科を選ぶことも良いですが、こちらの相談所で信頼できる医師を紹介されることも良い医師に出会う方法です。名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

以上、ハムラ法における代表的なリスクについてまとめました。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。