頚部リフトのリスク7つをまとめます

頚部リフトはフェイスリフトの一種であり、側頭部や耳の周囲を切開して皮膚や筋膜をひっぱりあげる手術です。皮膚や筋膜をひっぱりあげることでほうれい線や頰のたるみやしわを改善する効果があります。

しかし手術を行う上でリスクもあり、まず一つ目に顔と比例せずに不自然な仕上がりになってしまうことがあります。

さらに頚部リフトが初めての手術ということで遠慮しすぎると効果が出ないこともありえます。通常はカウンセリングで術後のシミュレーションをしてくれるクリニックがほとんどですので、ぜひ事前に確認しておきましょう。

さらに皮膚や筋膜をひっぱりあげる時に神経を傷つけてしまったり、手術後に元に戻ってしまうことがあります。

その他、顔は毎日むくみなどで微妙に大きさが違うことが多く、手術をしてダウンタイム期間が終わってから左右差に気がつくことがあります。

ただし多少の左右差はどうしても生じてしまうことが多いので、ある程度は理解してから手術を受けることをおすすめします。

頚部リフトのリスク7つをまとめます

頚部リフトのリスクまとめ

頚部リフトに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

頚部リフトのリスクとしてたるみの改善が十分に行えなかったり、傷跡が目立ってしまうことがあります。手術直後は腫れや赤みがあるので仕上がりがわかりづらいですが、ダウンタイム期間が終わり完成形を見たときに思っていたのと仕上がりが違ったということがあります。ここでは頚部リフトのリスクについてご説明します。

そのため、ここから先は、頚部リフトのリスクの詳細をまとめます。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

頚部リフトのリスク

頚部リフトのリスク たるみが改善しない・効果が無い

頚部リフトのリスクとして代表的なものにたるみが改善しない・効果が無いが有ります。

頚部リフトでは皮膚を引っ張り上げるだけの手術で持続性が無い治療がしばしば行われております。

たるみが改善しなかったり、効果が無いと言われてしまうのは正確にSMASやリガメントを操作出来ない事に起因します。

よって短時間で行われてしまうフェイスリフトでは、十分にSMASやリガメント組織の内部処理が出来ないためにたるみが改善しない・効果が無いといったリスクが生じます。
ホームページにリガメントを引き上げると書いてあったとしても、一瞬触れて終了しているケースがほとんどです。

ほとんど見せかけ上の前額リフトになっているケースに注意が必要です。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

頚部リフトのリスク 感染

頚部リフトだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はネックリフトのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

頚部リフトの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

頚部リフトのリスク ひきつれ

頚部リフトのリスクとして代表的なものにひきつれが有ります。皮膚を引っ張り上げるだけのフェイスリフト手術でひきつれを生じてしまう事があります。
正確にSMASやリガメントを操作出来ない事に起因します。

技術が低いクリニック・ドクターが集団提訴をされてしまったフェイスリフトもございますので注意して下さい。。

ひきつれを避けるためには技術が高いクリニック・ドクターを選択しなければなりません。

頚部リフトのリスク 効果・持続期間が短い

頚部リフトのリスクとして代表的なものに効果・持続期間が短いが有ります。

頚部リフトは最も効果・持続期間が長いフェイスリフトですが、ドクターの技術が低いと正しくリフトアップできずすぐに効果が無くなってしまう事があります。

効果・持続期間が短いと再手術・修正手術が必要となりますので、定期的なメンテナンスにも注意を払わなければなりません。

正しく行えればしっかりとした若返り効果が期待できます。

そのためかかりつけの技術が高いドクターを選択する事が最も大切です。

頚部リフトのリスク 傷跡

頚部リフトのリスクとして傷跡が有ります。

フェイスリフトにおける傷跡は必ず避けなければなりませんが、
頚部リフトでも皮膚を引っ張り上げるだけの手術ですと傷口にテンションがかかるため、傷跡が汚くなります。

名医を選択して頂ければ極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくするお薬(半年程度服用)などを使って傷跡を最小限にしてくれます。

頚部リフトには腫れと内出血が強く出るリスクがあることも知っておこう!

腫れと内出血が強く出るリスクをまとめます。

頚部リフトでは、施術後に腫れと内出血が強く出るリスクがあります。そもそも頚部リフトの手術はメスで切開する整形なので、腫れと内出血などのダウンタイムは確実に現れます。

ただこれらの症状は、およそ2週間程で落ち着いていきます。しかし、患部にあまりに刺激を与える行為をすると症状が長引くので、なるべく皮膚を触らないようにする必要があります。

時には再手術が必要になる場合もある

また頚部リフトのリスクとしてたるみの改善が十分に行えなかったり、傷跡が目立ってしまうことがあります。

手術直後は腫れや赤みがあるので仕上がりがわかりづらいですが、ダウンタイム期間が終わり完成形を見たときに思っていたのと仕上がりが違ったということがあります。

そうなると今までのダウンタイム期間が時間の浪費になってしまい再度手術を受けたクリニックに相談する必要があります。

そして再手術となるとまたダウンタイム期間が必要になるので、時間とお金の無駄ということになりかねません。

さらに傷跡が目立ってしまう場合もあり、こちらは一度ついてしまっている傷跡なのでなかなか自然な状態に戻すことは難しいです。思わぬ傷跡をつけないためにも手術前にしっかりと切る位置を確認しておきましょう。

このように頚部リフトの手術はメリットがある一方でデメリットもあり、時には再手術が必要になる場合もあることを忘れずに手術を考えていくことが求められます。

信頼できる医師を見つけるには

以上、頚部リフトにおける代表的なリスクについてまとめました。

頚部リフトは、目立ちやすい首にメスを入れる整形です。

しかし、きちんと信頼できる医師に任せないと施術後にリスクが現れるケースが多いです。術後に効果を感じて、安心して生活をするためには、実績のある医師に依頼する事がポイントです。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

“頚部リフトのリスク7つをまとめます” への2,514件のフィードバック

  1. mysgame より:

    I was wondering if you ever thought of changing the page layout of your site? Its very well written; I love what youve got to say. But maybe you could a little more in the way of content so people could connect with it better. Youve got an awful lot of text for only having one or two images. Maybe you could space it out better?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。