フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

手のたるみの美容整形にはこんなデメリットがあるんです!

手のたるみは、加齢により手の血管の凸凹が目立つようになることや肌全体のハリが失われることが原因で生じます。手は顔のように目につきやすい箇所ではありませんが、年齢は手に表れると言われているように若々しく見せるためには重要なパーツとなっています。手のたるみの美容整形施術には、指へのヒアルロン酸注入やレーザー治療などがあるので自分に合った手術方法も見つけやすいです。しかし手術を受ける上でデメリットもあり、まずはヒアルロン酸の効果が持続しないことです。ある程度高額な手術であっても半永久的、永久的に持続するならば最終的には価格と見合った形になります。ヒアルロン酸注入は個人差はあるものの、多くの方が一年以内には効果がなくなっています。また一年以上持続したとしても必ず効果は数年でなくなります。また比較的手軽に受けられる手術ですが、肌と馴染むのにダウンタイム期間がいるので、毎回効果が切れるのを気にしながら過ごさなければいけないことが手のたるみの美容整形のデメリットです。
手のたるみの美容整形にはこんなデメリットがあるんです!

ダウンタイムや失敗、気になるデメリットについて

手のたるみの美容整形でレーザー治療を受ける場合、当て方が非常に重要になってきます。強く当てすぎると火傷をしたり、逆に弱く当てると効果がでないこともあります。火傷をしてしまうとせっかくアンチエイジングの効果を期待して手術をうけているのに、傷跡になってしまい身も蓋もありません。また効果がないにしても手術直後は腫れていたり赤みがでることがあり判別をすることが難しいです。最低でも2、3日のダウンタイム期間をあけなければ効果がでているのか、でていないのかを判断することはできません。そのため効果がなかった場合は再度クリニックに行く必要があり手間がかかります。手のたるみの美容整形のデメリットは火傷や効果がない以外にも、引きつり感がでる、麻痺、傷跡などによる失敗によって修正や再手術を受ける必要がある場合があります。また手は洗い物をしたり使うことが多い箇所ですが、手術後の数日間で赤みや腫れがでている場合はなるべく安静にしておくことが求められます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。