フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スペクトラの失敗で考えられること

スペクトラでは、ダウンタイムはほぼ必要がありません。皮膚の表面らレーザーを照射することにより施術を行いますので、メスを入れたときのように腫れが出るなどのダウンタイムはほぼ心配は要りません。しかし、多少の腫れや赤みが出ることもありますので、完全にダウンタイムがないわけではないです。
そして、身体に負担が少ない施術ですので、すぐにメイクやシャワー、洗顔などもできます。しかし、施術をした部分は紫外線の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めクリームなどをして完全に治療が終わるまで、紫外線で肌を焼かないようにする必要があります。
スペクトラはパルス波が短く破壊力も高いので、腕のたつ医師の施術を受ければ、今まで解消されなかったシミやくすみが効果的に解消することが可能です。このように色素に対して効果的に働く反面、未熟な医師などに施術を受けると、失敗してしまうリスクもあります。そのことを理解して、施術をするクリニックを選ぶ必要があります。
スペクトラの失敗で考えられること

トエラブルの種類が多い

スペクトラは、皮膚科でわりと一般的に行われる治療法です。通常のレーザー治療では取れないシミや肝斑、ニキビ跡の黒ずみなどにも効果を発揮することが可能ですが、技術が伴わない医師などが行うと、照射の威力を上手に調整ができずに、傷跡が残ってしまうことも有りうるのです。
その他の施術後のトラブルとしては、脱毛や化膿、感染、シワやくすみが改善されない、リフトアップの左右差、法令線が消えない、傷のケロイド、顔面神経麻痺、突っ張り感、ひきつり感、頬のしびれ、知覚麻痺、耳たぶの変形、皮膚の凹凸、異物感、アレルギー、腫れ、内出血、痛みなどがあります。
安全性が高いと言われるスペクトラでも、失敗するとこのようなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。ですから、まずは正しい知識を持つこと、そして価格や口コミに惑わされることなく、自分自身でカウンセリングの際に、疑問を解消してから施術を受けるように気を付けなければなりません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。