フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リードファインリフトの料金相場や必要な本数などまとめ

韓国針を使用して行うリードファインリフトは、フェイスリフトの一種ですがどちらかといえばプチ整形に入り施術の一つです。

リードファインリフトは、皮膚の下の筋膜である表皮性筋膜、SMAS層に極細の糸を挿入して皮膚や筋肉を糸で引き揚げて固定することでたるみやしわを改善していく方法です。

持続効果は半永久的ではないので、挿入してから半年から1年ほどで徐々に体内で溶けていきますので、効果を持続したい場合にはもっと大掛かりフェイスリフトを行うのが良いでしょう。

即効性が期待できるのですが、プチ整形の範疇に入るので人によっては施術を受けたにもかかわらずあまり効果が期待できないという人もいるようですので効果の出方には個人差があるようです。

では、リードファインリフトにおける料金相場はどのくらいなのでしょうか。リードファインリフトを受けるときの費用は糸の本数によって異なります。

基本的に保険適用ができずに自由診療となりますのでそれぞれのクリニックによって料金は異なるのが一般的ですが、あらかじめ費用を知っておくといざ自分が施術を受けるときの参考になりますのでしっかりと理解しておくようにするのが望ましいでしょう。

リードファインリフトの料金相場

100本くらいいれると40万前後

リードファインリフトはウルトラVリフトやアキュパンクチュアリフトとも呼ばれています。

どちらかというと軽度な状態のたるみに有効であり、深刻なほうれい線やしわを改善したい場合には本格的なフェイスリフトの施術をするのが望ましいといえます。

リードファインリフトなどの糸を挿入して行うタイプのフェイスリフトは糸が真皮層を刺激することでコラーゲンの生成につながりますので結果的に肌にハリや艶、弾力が出ることになります。

また、ダウンタイムなどが短く麻酔クリームで施術を行えるくらい痛みが少ないのが特徴です。

リードファインリフトにおける料金相場は、実は糸を何本くらいいれるかによっても費用が変わってきます。

100本くらいいれると40万前後が相場となりますが、もっと本数が少ない場合にはさらに費用が安くなることが考えられますので、事前にクリニックに確認するのが良いでしょう。

ただ、料金相場よりもあまりに低価格な料金で提供しているクリニックは裏に安い理由が何かある可能性もありますので気を付けましょう。

引き上げ効果の高いスクリュータイプは高い

アキュパンクチュアリフトを受けるときの値段は、糸の本数や種類によって大きく異なります。安いコースだと美容鍼と通常の挿入糸を20本使用して8万円程度で受けられて、40本で20万円、80本で40万円と料金が上がっていきます。より引き上げ効果の高いスクリュータイプの糸を使う場合は通常の糸に2万程度プラスした料金が適用されます。

一番安いコースは目尻など狭い範囲に10本程度を指す施術で3~4万円くらい、顎のラインに40本くらい使用するなら15万円前後、顔全体や首筋など広い範囲の施術なら80本で25万円程度が一般的です。

おすすめの治療計画

特殊な極細の糸を刺す刺激によってコラーゲンの生産を促して肌を蘇らせる方法なので、体質に合わなかったり本数が少なすぎたりすると効果が感じられず失敗することもあるので事前にカウンセリングを受けて、気になるなら数本のお試しコースを実施してみて体質に合っているか確認するのも有効です。

評判のよいクリニックならあらゆる太さのリードファインリフトを揃えていて、輪郭や肌の質に合わせて微調整をしてもらえるので思い通りの仕上がりになることができます。

たるみやシワの状態によってはヒアルロン酸やボトックス治療を並行して受けるのも有効で、肌の再生能力を一層高めることが可能です。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。