フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

レーザーピーリングの名医はどう選ぶべき?

ピーリングとは古い角質を剥ぎ落とし、肌の新陳代謝効果により正常にしていく方法です。ピーリングの種類には、三つに大別され、薬剤を塗るケミカル、アルミニウムの微粒子を吹きつけるクリスタル、そしてレーザーを照射させるレーザーピーリングが存在します。

レーザーピーリングは文字通りレーザーを照射させますが、照射させるレーザーは波長1,064nmという極めて長いパルス幅を持ち、アメリカのFDAでも認可のあるレーザーを発する機器を使用します。レーザーの長い波長によって、皮膚の深層までも達することで肌のハリやキメを改善できる効果があります。

その他にしわ・たるみ・ニキビ・クマ・赤ら顔などの皮膚の外観上のトラブルを解決することに優れており、照射時にレーザー脱毛のような痛みが発生することもないです。血液中のヘモグロビンに吸収されるため、皮膚の下を通る血管を柔らかく包み込むような暖かさを感じ、時間にして10分程度の施術で完了します。

日本では2006年から本格的に普及し10年近くになり、そのレーザーピーリングを扱っている美容整形も増え、多くの名医達も活躍しております。
レーザーピーリングの名医はどう選ぶべき?

アフターケアのアドバイスを守る

レーザーピーリングでは、ニキビ治療からシワ・シミなどの肌トラブルに悩んでいる人には有効な方法となります。メリットも幅広い肌トラブルに適応し、施術も10分程度という短い施術時間で、施術後には直ぐに化粧することも可能です。

また肌に対する痛みがほとんど生じず、肌の深層部がほんのりと暖かい感覚だけで済むので施術を受けやすい側面もあります。他に何回か通うだけで済むのと予算もそれほどかからない点もメリットです。

ただレーザーピーリングでは、肌トラブルに万能的に適応しますが、肌の状態によっては適応しないケースもあります。その施術を行った後の日焼けは厳禁で、アフターケアが重視される施術方法であることは間違いありません。

実際に名医の先生に施術を行って貰っても、アフターケア如何によっては失敗に繋がるケースもあります。そのため、アフターケアまでしっかりとアドバイスしてくれる名医を探すことは必要不可欠です。

当相談所では施術のみならず、アフターケアまでもしっかりアドバイスできる医師を紹介できますので、お気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。